歯科スタッフ採用の成否を決める選ばれる歯科医院になるために必要な視点

HANOWAでは
自院をさらに発展させるための
パートナー探しを目的として
ご活用いただいている医院さんが
多いと思います。

人手不足と言われる歯科業界の中で、
ただ頭数を揃えるために
採用をするのではなく、
院長の治療方針を理解し、
患者さんにより良い医療を
提供していくためのパートナーを
探していることでしょう。

「優秀な人材を少しでも多く獲得したい。」

このように思う院長は
多いと思います。

ただ、ライバルも同様に
優秀な人材を採用したいと考えています。

給与や研修制度、院内の雰囲気など、
求職者が「働きたい!」と考える
基準は様々ありますが、
じつは
選ばれる歯科医院になるためには、
ちょっとした視点を変えることで
「この歯科医院で働きたい!」と
『選んでもらえる』ようになります。

そこで今日は、
選ばれる歯科医院になるための視点とは?
についてお伝えしたいと思います。

目次

採用は選ぶという時代から選ばれる時代に変わったことを自覚すること

採用の場合は、採用する側が選定するという時代が長く続いてきました。

しかし、人手不足になってきた今、選ぶ時代から選ばれる時代へシフトしています。

視界医院だけではなく、採用担当者は採用する側だから、優位な立場であるという意識を持っている人がまだまだ多いでしょう。しかし、少子化も進み、ライバルも多い中、「選ぶ」という視点では採用は難しくなっています。それは多くの院長も実感しているのではないでしょうか?

これからの時代はどんどん人手が足りなくなっていくのは確定しています。その時に選ぶという視点から選ばれるという視点に変えなくてはいけません。

特に専門職である歯科スタッフは即戦力の優秀な人材を誰もが欲しがります。なので、採用できる確率は狭き門になるでしょう。その中でも選ばれる採用を考えている歯科医院は優秀なスタッフが集まりやすいと感じています。

いつまでも採用する側が待っていたらきてくれる時代ではなくなりつつあることに気づいているところは積極的な採用ができていると思います。

選ばれる歯科医院になる為には何が必要なのか?

では、
優秀なスタッフが集まる歯科医院は
何をしているのでしょうか?

HANOWAを活用することは
大前提なのですが、その前に、
働く側のニーズを
しっかり掴むことが重要
です。

つまり、
応募者目線で接することができる
採用ができるかどうか

が重要になってきます。

当然、
働いてもらって給料を払うのですから
院長が求めるスキル、条件は
あると思います。

まずはそこを明確にして、
どんなスタッフが欲しいのか
ターゲットを明確にしましょう

その上で、
院長が欲しい人材は
働く医院に何を求めているのか

を考えていくのです。

例えば、
院長が設定した人材が
・向上心があって
・スキルのあるスタッフ

だとします。

そういうスタッフが欲しいのであれば、
院内や外部での研修制度がある
という点は、
働く側からすれば
大きな選ぶポイント
になります。

逆に、
向上心があって
スキルのあるスタッフが欲しいのに、
「うちはアットホームで
 働きやすい職場です」
という内容のPRなら、
スルーされてしまう
わけです。

このように、
「どんなスタッフが欲しいのか?」
を先に考えて、
欲しいスタッフは
「自分の医院に何を求めているのか?」
考えていくことです。

その時に、
自分の院ができることと
欲しい人材のギャップ

出てくるかもしれません。

それがわかれば、
できる範囲で獲得できる人材に
変えればいいだけです。

働きたい側に選ばれる歯科医院になる為には自分の医院に何を求めているかを知ること

先ほどもお伝えしましたが、
今は、こちら側の要望だけで
選ばれる時代ではありません

働きたい人の
ニーズをしっかり叶えることで
採用は簡単になります。

まとめると

  1. どんな人材が欲しいのかを明確にすること。
  2. その人材が何を求めているのかを探ること。
  3. 自医院ができることと、採用したい人が求めていることが一致しているのか確認すること。

簡単にまとめると、
この3つの視点で考えることで
採用の際に選ばれるようになると思います。

まずは、
「院長がどんなスタッフを獲得したいのか」
を明確にしてみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
目次
閉じる