歯科衛生士にスポットで勤務依頼できるHANOWAのおかげで、スタッフが足りない日でもゆとりある診療を行うことができています。

歯科医院経営において、理念や理想を掲げているものの実際は人員不足で思うような運営ができず、解決策を探している院長先生はたくさんいらっしゃいます。

この記事をご覧の先生は、どのような理念や理想を掲げて医院経営を行っておられるでしょうか。

たとえば、

「スタッフにしっかり有給を取得してほしい」
「患者さんとのコミュニケーションを大切にしたい」
「スタッフがゆとりを持って業務できる環境を整えたい」
「いつもベストな状態にして診療を行いたい」

このような想いをおもちであれば、是非とも最後まで読み進めていただきたい内容をお届けいたします。

今回インタビューをさせていただいた『ファミーユデンタルクリニック』の院長、真下 純一先生の場合は、患者さんとの時間を大切にしてゆとりを持った診療を行うことを理想とされていました。

しかし、スタッフが有給休暇を取ってシフトに穴が空いたときに補充ができず、いつも通りの診療ができないことが悩みだったそうです。

そんなときに、スタッフの有給や病欠の日だけスポットで依頼できるHANOWAに出会い活用することで、普段と同じように余裕を持って診療に臨めるようになりました。

そして今では、スポット依頼をお願いできる複数のHANOWAの歯科衛生士さんがいらっしゃるまでに——。

真下先生は、HANOWAを活用する前後でどのような変化があったのでしょうか。また、HANOWAの魅力や利用される際に抱いた不安などについてもお伺いいたしました。

動画も配信しています

HANOWAを利用する前の医院の状態から活用後の変化、さらには、実際に使われて感じたHANOWAに期待することまでを赤裸々に語ってくださっています。

文字だけでは伝わらない真下先生のリアルなお声を、ぜひご一緒にどうぞ!

目次

院長先生プロフィール

真下 純一先生

真下 純一 先生

ファミーユデンタルクリニック(横浜市保土ケ谷区)院長

兵庫県出身。
大学病院で高齢者治療を学び、入れ歯治療を得意としている。
スタッフと連携を図り、患者さんの声に耳を傾けながら一人ひとりに合った治療を心がけているため、口コミで患者さんが増えている。

インタビュアー紹介 

歯科衛生士&動画クリエイターのわだやんです!

『常勤の歯科衛生士』という働き方に息苦しさを感じていたところにHANOWAと出会い、HANOWAでの勤務を通して、「こんな働き方もあっていいんだ!」「様々な働き方の選択肢があるんだ!」と心が救われました。

  • 「歯科衛生士だから、ひとつの医院で長く働かなければいけない」と自分で自分を縛らずに、もっと“自分らしい人生”を叶える人を増やしたい。
  • HANOWAを通して自己実現に近づく歯科医療従事者のリアルな声を、動画という形で1人でも多くの人に届けたい。

そんな想いでインタビュー&動画制作に取り組んでいます!

\ Follow me /
 

ファミーユデンタルクリニックについて

わだやん

まずはじめに、ファミーユデンタルクリニックについて教えていただけますか。

真下先生

ファミリー向けのクリニックを作ろうと思って開業しました。

当院の名前である『ファミーユ』の由来は、フランス語で「家族」という意味です。

わだやん

院内は広々とされていますし、子どもたちが好きなガチャガチャがあったり、家族向けの医院という印象を受けます。スタッフさんの雰囲気も柔らかいと感じました。

真下先生

スタッフも医院のコンセプトを理解してくれていて、たとえばお父さんとお母さんが治療している時は、スタッフがお子さんとキッズルームや診療室で一緒に過ごすなど臨機応変に動いてくれています。

そのおかげでファミリー層の方から評判が良いらしく、口コミで来ていただいているのかなと思うんです。

ファミーユデンタルクリニック外観
ファミーユデンタルクリニック内観
わだやん

スタッフさんとのコミュニケーションで大切にしていることはありますか?

真下先生

今はなるべくスタッフの声にも耳を傾けて意見を聞き、嫌なことは言ってもらうように心がけています

真下先生

また、医院では男は僕ひとりで他のスタッフはみなさん女性なので、男女の考え方の違いを意識して接するようにしていますね

開業した頃は「僕が院長だから…」と、お山の大将のように自分の意見を押し付けるような運営をしていたところ、院内がぐちゃぐちゃになってしまいました。

そこで、スタッフに接する態度や姿勢を変えようと思ったんです。

わだやん

では、スタッフさんの意見を聞く場を設けていらっしゃるのですか?

真下先生

1〜2か月に1回、診療後の1時間を使ってミーティングを開いています。

クリニックを良くするためにはスタッフの力も必要だなと思っています。

ファミーユデンタルクリニックのミーティングの様子

HANOWAの活用方法

わだやん

HANOWAを使われる前は、どのような状況だったのでしょう?

真下先生

スタッフの総数が増えるにしたがって有給休暇を取るスタッフも増えてきて、シフトに穴が開いちゃう状況でした。

真下先生

スタッフが有給を取った日だけなんとか補充できないかなぁ…と思ってるときにFacebookの広告でHANOWAを見つけて、「ちょうどこれいいや」と思って使い始めました。

わだやん

HANOWAを使う前に心配だったことはありますか?

真下先生

① 来ていただくHANOWAの歯科衛生士さんとスタッフがうまくコミュニケーションを図れるか
② 初めて使うユニットでいつものパフォーマンスを発揮していただけるか

という点ですかね。

わだやん

実際に働いてもらってどうでしたか?

真下先生

全然問題なかったです。

真下先生

HANOWAを通して他院でも働かれている方なので、新しい医院で働くっていうことに抵抗がなかったのかもしれないです。

当院のスタッフと同様に、メインテナンスやSRPなどを担当してもらった瞬間に不安はとれましたね

わだやん

基本的には、アシストについてもらうというよりはメインテナンス枠をやってもらう方が多いですか?

真下先生

たまにアシストもしてもらいますけど、当院はメインテナンスの患者さんが多いので、ほぼメインテナンスをお願いしています。

真下先生

HANOWAの歯科衛生士さんは、道具さえあれば何を使えば良いかの判断がつくので、アシストに関しても全然問題なく、CRや根治など他のスタッフと同じようにしてもらっています

HANOWAの魅力

わだやん

HANOWAの一番の魅力はどんなところですか?

① 足りないスタッフの穴埋めができる

真下先生

有給を取ったり病欠したスタッフの補充ができるところです。

真下先生

HANOWAを使う前は、スタッフの有給取得や病欠で欠員が出た日は、院内がぐちゃぐちゃになってるような感じでした。

でもHANOWAの歯科衛生士さんが来てくれるようになってからは、有給が出ていない日と同じような感覚で診療を行えるようになったんです

真下先生

スタッフもゆとりを持って診療できるし、僕もイライラせずにゆとりを持って診療できるように変わりました

真下先生の治療の様子

② スポットで依頼できる

真下先生

やっぱりスポットで来てもらえるっていうのは、すごくありがたいです。

真下先生

1〜2週間も不在になるスタッフがいると(求人募集をかけないといけないかなぁ?)という感じで動けますけど、そうじゃない場合もありますよね。

数日だけスタッフが不在でクリニックが回らない時には、HANOWAはすごく役に立つシステムなんです。

わだやん

ちなみに、パートナー歯科衛生士に依頼する際に困ったことなどはありませんか?

真下先生

そうですね、一度マッチングして来ていただいた後に継続依頼をしたくても、その歯科衛生士さんとスケジュールが合わなくて依頼できなくなったときですかね

基本的には一回来てもらった人にはずっと来てもらいたいんですけど、また別の人を探して…の繰り返しになります。
でも今はやっと、同じ人に毎月固定で来ていただけるようになりました。

真下先生

今後もどんどんHANOWAを活用して、欠員が出た日の補充としてHANOWAの歯科衛生士さんに来てもらって診療できたらいいなと思います

これからHANOWAを活用する院長先生へ

わだやん

これからHANOWAを使おうと思っている院長先生にメッセージをお願いします。

真下先生

僕の経験上、スタッフをいっぱい抱え、有給を取るスタッフもたくさんいるようなクリニックの先生にとっては大変助かるシステムじゃないかなぁと思うんです。

真下先生

前もって「このスタッフはこの日休みます」と分かっているようなクリニックであれば、そこにスポットで来てもらえるので、シフトに穴が開きがちなクリニックの先生は是非活用されてみてはどうかなと思います

わだやん

真下先生がパートナー歯科衛生士に依頼するときの流れをお伺いできますか?

真下先生

僕の場合は、有給を取るスタッフに1~2か月前には休む日を言ってもらうようにしています。
まずは院内のスタッフで補充できないか確認し、入れるスタッフがいない場合は、以前に当院で働いてもらったHANOWAの歯科衛生士さんたちの中から来てくれる人を前もって探しています。

たまに病欠しちゃって直前の依頼になることもありますが、そのときはスケジュールが空いている方にお願いします。

真下先生

また、最初は「スポットだし初めて来る人だから本当に大丈夫なんだろうか」という不安はありましたけど、HANOWAの歯科衛生士さんはスポットで働くプロなので心配いりませんでした

既存のスタッフと同じようにメインテナンスをしてもらえますし、アシストに関してもしっかりやってもらえます。

今後のビジョン

わだやん

最後に、今後のビジョンをお伺いできますでしょうか。

真下先生

スタッフが主役になって働けるようなクリニックを作っていきたいです。

歯科医院は、歯科衛生士さんや助手さんなどのスタッフがいて成り立つものだと思っているんです。

わだやん

そのように思われるキッカケとなったエピソードなどはありますか?

真下先生

そうですね。
たとえば『採用』でいうと、今までは全部、僕の独断でやってたんですよ。スタッフに聞かずに採用・不採用を自分ひとりで決めていたんです。

その結果、採用したあとスタッフの仲や雰囲気がちょっと悪くなっちゃって…。

既存のスタッフたちの意見を聞かずに勝手に採用したので、採用した人もなかなか馴染めずにいました。その結果、すぐ辞める人が何人もいたんで、これがもう大きな失敗になっちゃいましたね。

わだやん

スタッフさんの意見ってやっぱり大事ですよね。では今は、採用の面接はどのようにされているのですか?

真下先生

現在も面接は僕がするんですけど、院内の案内は既存のスタッフを何人も絡ませて、コミュニケーションを取るようにしてもらっています。

最終的にはスタッフの意見も取り入れて、採用・不採用を決めています。

わだやん

その結果、何か変わられましたか?

真下先生

自己都合退職が減りましたね

以前は、いきなり「もう辞めたいんですけど…」とか自己都合退職で辞める方ばかりでしたが、今は退職理由が結婚や出産、引越しとかに変わってきました。

真下先生

そんなこともあって、ドクターが主役じゃなくて、もうちょっとスタッフが主役のクリニックになっていけばいいかなと思います。

スタッフが患者さんと楽しく喋ってるのを見ると僕も嬉しくなるんで、僕はおまけでいいです(笑)

編集後記

「こんなに丁寧に説明してもらったのは初めてだ」と感謝され、数珠つなぎ的に患者さんが増えておられるというファミーユデンタルクリニック。

詳しく聞くと、メインテナンスの時間は60分設けていらっしゃるそうです。

このような医院運営からも、患者さんを家族のように大切に考える真下先生の理念が伺えるインタビューでした。

だからこそ、スタッフの欠員が出たときにいつも通りの診療ができないことを課題と捉えておられたのでしょう。

(どうしよう、どうしよう……)と解決策を探していたときにHANOWAと出会い活用した結果、イライラすることなくゆとりを持って診療できるようになった、と喜んでいらっしゃいます。

真下先生のように、「自院でスタッフが補充できない日でも普段通りの診療を行いたい」という先生にとっては、HANOWAを使って歯科衛生士にスポット勤務を依頼することで、理想に近い医院運営を実現できます。

まずは、医院の近隣に登録している歯科衛生士はどんな人がいるのか、探してみられてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
目次
閉じる