100万円以上の採用費をかけてもすぐに辞めてしまうなら、来てほしい時間だけ入ってくれる歯科衛生士がほしい。HANOWAはその想いを叶えてくれる理想的なサービスです。

歯科医院の経営において、切っても切り離せない課題のひとつである「人件費」。特に、歯科衛生士の採用にかかる費用は計り知れません。

「せっかく時間をかけて育てたのに、すぐに辞めてしまった…。」
「紹介会社を頼ったら、痛い目にあった…。」

いまも日本のどこかで、同じようなお悩みを抱える院長先生は数多くいらっしゃることでしょう。

今回インタビューに答えてくださった中村歯科医院 副院長の中村佐和子先生も、そんな一人でした。

「来てほしい時間だけ入ってくれる歯科衛生士がいたら良いのに…。」と考えていたところにHANOWAと出会い、今では何度もリピートされていると言います。
さらにはHANOWAを活用することで、中村先生をはじめ、スタッフの方々も考え方が変わってこられたそうです。

いったい、HANOWAをどのように役立て診療を行っているのでしょうか。
HANOWA独自の視点でインタビューしていきます。

動画も配信しています

HANOWAを利用する前の切実な人件費のお悩みをはじめ、活用後に「まるで浦島太郎になっていた」と気づくきっかけとなったエピソードなど、リアルなお声が満載の動画です。

スタッフとの世代間ギャップに悩む先生にもおすすめの内容ですので、合わせてどうぞ!

目次

副院長先生プロフィール

中村佐和子先生

中村 佐和子 先生

医療法人社団 瑞芳会
中村歯科医院(東京都江東区)副院長

もともと医師を志していたが、歯科医師同士で開業していた従姉妹夫婦の医院へ顔を出すうちに、夫婦で同じ仕事に携われる働き方に魅了されて歯科医師への道を決意。
幼少期に植えつけられてしまう「歯医者は怖い」という恐怖感を取り除けるような小児歯科治療を心がけている。また、幼少期から健康な口内環境を手に入れることが健全な育成には不可欠であると考え、歯科の側面から全身のケアも行っている。

インタビュアー紹介 

歯科衛生士&動画クリエイターのわだやんです!

『常勤の歯科衛生士』という働き方に息苦しさを感じていたところにHANOWAと出会い、HANOWAでの勤務を通して、「こんな働き方もあっていいんだ!」「様々な働き方の選択肢があるんだ!」と心が救われました。

  • 「歯科衛生士だから、ひとつの医院で長く働かなければいけない」と自分で自分を縛らずに、もっと“自分らしい人生”を叶える人を増やしたい。
  • HANOWAを通して自己実現に近づく歯科医療従事者のリアルな声を、動画という形で1人でも多くの人に届けたい。

そんな想いでインタビュー&動画制作に取り組んでいます!

\ Follow me /
 

中村歯科医院について

わだやん

まずは、中村歯科医院について教えていただけますか。

中村先生

東京都江東区で、夫である院長と経営しています。
当院は2フロアあって、2階は小児歯科・矯正・一般の保険治療、3階はインプラント・自費治療専用です。
2000年に開業したので、昨年で20周年を迎えました。(※2021年1月インタビュー時点)

わだやん

中村先生は小児専門でいらっしゃるのですか?

中村先生

はい、私は小児歯科専門です。
小児矯正では、成長発育に合わせたトレーニングも行っています。

たとえば、顎骨の位置を整えて「深い睡眠を取れるようにする」「しっかりと噛んで飲み込めるようにする」「キチンとした鼻呼吸ができるようにする」など、正しい成長軌道に乗せてあげるサポートをしています。

あとは、そういった内容の講演も開いています。

わだやん

そこまでサポートしてもらえたらお子さんの様子も変わるので、親御さんの感動もひとしおでしょうね。

では、中村歯科医院が大切にされていることはありますか?

中村先生

医院としては、患者さんの人生に向き合うことも役割だと考えて運営しています。

たとえばインプラントの患者さんの場合、そこで治療は終わりではありません。なぜなら、インプラントを入れた後は食べものを噛めるようになるため、高カロリーのものが食べたくなるんですね。そのまま放置すると、糖尿病などといった生活習慣病に発展することも多い。

ですので、患者さんのその後の人生もケアできるよう、歯科衛生士とともに食事指導なども行っています。

わだやん

患者さんの人生に寄り添うスタンスは、もはや歯科の枠を超えていますね!

わだやん

ところで、中村歯科医院で働いた何人かのHANOWAパートナー歯科衛生士から「設備がすごかったですよ」と聞きます。

患者さんへの治療方針や設備など、高いクオリティを求められる理由を教えていただけますか?

中村先生

当院はユニット3台から始まり、地域の方々に育てられてきました。
患者さんのより良い人生のために資金を使う——それが地域の方々への恩返しだと考えています。

質の高い治療や新しい設備も含め、未来に向けた診療を次の世代に伝えていくことが使命だと思っています。

HANOWAとの出会い

わだやん

HANOWAとの出会いを教えていただけますでしょうか。

中村先生

歯科衛生士が辞めて困っている時にFAXが届いたのが、HANOWAを知ったきっかけです。

FAXの内容があまりにも理想的な上に、聞いたこともないサービスだったので「怪しい…」と感じて、思わず当日の夜遅くにご連絡しました。

そのときに電話に出られたのが新井さんで、親身になって考えてくださったので「この人を信用してみよう」と思いました。

わだやん

既存のサービスではない仕組みですもんね。最初はちょっと、怖いですよね(苦笑)
では、スタッフの採用に悩まれていたのですか?

中村先生

今まで、紹介会社を利用して何度も痛い目にあってきました…。

100万円以上の採用費をかけて一生懸命に教えても、「(想像以上に医院が) 忙しい」などの理由で辞めちゃうんです。返金制度が適用されなくなったタイミングで来なくなる人もいました。

それなら最初から「教えなくてもできる人が来てほしい」、人件費のことも考えると「混んでいる時にだけ来てほしい」と考えていました

わだやん

それでしたら、スポット勤務の依頼ができるHANOWAは理想的なサービスですよね。

中村先生

そうですね。
来てほしい時間だけ入ってくれる歯科衛生士さんがいれば、うちのスタッフがとにかく楽になるんです。

ひとりでプレッシャーを抱えなくてよくなる、仕事に集中できる、やりたい仕事内容ができる——「怖いけどやってみようか」という思いからHANOWAを始めました。

HANOWAの魅力について

わだやん

今ではリピーターでいらっしゃる中村先生ですが、HANOWAのどんなところが魅力だとお感じですか?

中村先生

まず、HANOWAのパートナー歯科衛生士さんたちは、皆さん ”プロ” であるところが魅力です。

「初めてです」と言われる方でも、患者さんとの会話なども含めてご自身で考えて動いてくださいますし、慣れてる方が多いので安心して任せられます

中村先生

しかも、色んな方にお願いできるのもいいですね。そういう点では刺激があるので、新人にとっても勉強になります。

お互いがニコニコしながら活用できる、良いシステムだなと思います。

わだやん

HANOWAを使って変わったことはありますか?

中村先生

大きくわけて2つ、スタッフの変化と、私自身の変化があります。

① HANOWAを使って変化したスタッフ

中村先生

みんながそれぞれに好きな治療に入ることができるようになったり、好きなときに有給休暇がとれるようになったりして、心に余裕ができ、イキイキしてきました

わだやん

HANOWAを利用する前は、思うように動けなくて悩むスタッフさんが多かったんですか?

中村先生

そうですね、スタッフには負担がかかっていたと思います。

たとえば、小児歯科に入りたくても「クリーニングに入らないといけない」とか、「新人が入ってくると、横について教えなければならない」とか。

でも今では、HANOWAのパートナー歯科衛生士さんに安心して任せることができるので、やりたい業務に集中できる環境が作れています。おかげさまで、スタッフの定着率が上がりました

わだやん

歯科衛生士が「長く続けたい」と思う環境が整ったのですね。それを聞けて嬉しいです!

② HANOWAを使って変化した中村先生の想い

中村先生

スタッフと接するときに「いいところを探して伸ばしてあげよう」と考えるようになりました

以前はそんな風には思っていませんでした。長く人が辞めなかったので、考え方を変える必要もなかったんです。

でも気づくと、浦島太郎になってました。時代に取り残されないように「自分も変わらなきゃ」と思ったんです

中村先生

HANOWAのパートナー歯科衛生士さんを見ていると、みなさんご自身のいいところをご存知で、それをアピールしていたのが印象的でした。

そこで自院のスタッフに「あなたのいいところは?」と聞いてみたんですが、みんな答えられなかったんですね。

ただ、自信はないけど「認めてほしい」と思っていることは伝わってきました。じゃあ、その気持ちに寄り添おう!という想いです。

わだやん

自分のいいところに気づいていなかったり、自信がない歯科衛生士はたくさんいると思います。
それでも「自分の想いを医院へ共有して、患者さんへ還元させたい」と願っているはずなので、そんな気持ちを汲んでもらえるのはすごく嬉しいと思います。

わだやん

ちなみに、HAHOWAの歯科衛生士に依頼する際、判断基準はありますか?

中村先生

時給の額ではなく、「何ができるのか?」という経験を確認して、うちに合う人に依頼しています。

医院より遠いところに住まれていても来てくれる方もいるので、入ってほしい時間にマッチしている場合は声をおかけしています。

中村先生

みなさん良い方ばかりなので、外れたことがないですよ。
スタッフにもすぐに溶け込んで、うちのメンバーのように働いてくださっています。患者さん受けがいい方には「来週もお願いできる?」なんて言って、いつもリピートしています。

HANOWAを利用する際の留意点

わだやん

では最後に、HANOWAとしても重要だと捉えている内容についてお伺いします。

わだやん

中村歯科医院では、以前にHANOWAでのトラブルもご経験されたそうですが、具体的に教えていただけますか?

中村先生

じつは一度、勤務予定日にパートナー歯科衛生士さんが来なかったことがありました

始業時間になっても来ないので、そこで初めて事態に気づいたんです。お願いする患者さんも決めていたので、かなり慌てましたね。

わだやん

そ、それは…、想像しただけでもヒヤヒヤします…。何の連絡もなかったのですか?

中村先生

それが、当日の朝8時に「微熱があるのでごめんなさい」という内容のメッセージが、HANOWAの管理画面へ届いていたことがわかりました。

この日は、当院でHANOWAの採用を担当してくれているチーフがお休みだったので、確認が遅れてしまったんです。

わだやん

HANOWA内のメッセージだけでやり取りをされていたのですね。

中村先生

そうですね。
前日も「明日はよろしくお願いします」というやり取りをしていたので、大丈夫だと思っていました。

結局、その日は午後からチーフが診療に入ってくれました。
彼女は有給休暇中でご両親と旅行をしていたのに、午前中で切り上げて戻ってきてくれて……。申し訳ないことをしました。

わだやん

それは大変でしたね……。
では、中村先生が考えられる今後の対策を、これからHANOWAを使う先生へアドバイスいただけますか?

中村先生

初めて勤務していただくパートナー歯科衛生士さんには、直接連絡を取り合えるようにしておくことが大切だと分かりました。

当院の場合は、診療時間外は医院の電話がつながらないので、医院以外の緊急連絡先を伝えるようにしています

わだやん

事前に『30分お試しマッチング』を利用して、緊急時の対応を確認しておくと良さそうですね。

HANOWAからのお願い

初めてのときこそ、30分で構いませんので『お試しマッチング』を利用して、面接・見学・緊急連絡先の交換をしていただければと思います。

編集後記

失敗談をここまで赤裸々に話していただけたのは初めてでした。
同じように困っている院長先生のお役に立てれば……という、中村先生のご厚情に感謝しています。

中村先生は最後に、「いち歯科医師として、自分が今まで積み上げてきたものを、次の世代の歯科医師や歯科衛生士に伝えていきたい。」「歯科は素晴らしい医療だから、誇りをもってほしい。」とも語ってくださいました。

“患者さんのため” をどこまで考えられるか?を追求し、歯だけではなく、患者さんの身体全体を診られる中村先生だからこそ伝えられる感動があるのだろうと、想像が膨らみます。

今後もHANOWAをご活用いただくことで、中村先生はじめスタッフの方々のご活躍の場を広げる後押しができれば幸いです。

中村先生、ご協力くださりありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
目次
閉じる