自分に合った働きやすい歯科医院を見つける方法

歯科衛生士をはじめ、
歯科スタッフは転職回数が多い
と言われています。

転職初日で
「辞めたい」と感じてしまう方も
少なからずいるのではないでしょうか。

できれば長く働きたいけど、
様々な理由で辞めたくなる人も多いようです。

しかし、人間関係は
実際に勤務してみなければ
見抜けないことも多く、
なかなか面接時では
わからないもの
ですよね。

転職を繰り返すことに
罪悪感も感じてしまうから、
辛いけど辞められない……
という人も多いでしょう。

できれば転職前に、
辞めずに済む自分に合った歯科医院を
見つけたいですよね。

そこで、この記事では、
転職する前に自分に合った歯科医院の見つけ方
をお伝えしたと思います。

目次

歯科衛生士さんが転職してすぐに辞めたくなる理由

1. 人間関係

歯科衛生士さんが辞めたくなる理由は
共通していることが多く、
そのもっとも大きな比重を占めるのは
「人間関係」の問題です。

同期、先輩、後輩との関係だけではなく、
院長がモラハラ気味だったり、
院長夫人と合わないということもあります。

2. 見合った給料がもらえない

仕事が忙しく過酷な割には、
給料が少ないと感じている歯科衛生士さんも
多いようです。

また、小規模の医院では給料の基準が曖昧で、
院長に好かれたら給料が上がるなんてこともあり
不公平感を抱いているケースがあります。

3. 有給など休みを申告しづらい

有給の取得は義務化とされましたが、
人手不足や忙しさからなかなか申告しづらい
空気のところもあります。

また、休みをとったら
他のスタッフに文句を言われる——
なんてこともあり、なかなか休みを取れない。

求人の時に言っていた内容と違う!
ということも不満につながっていたりするようです。

4. 院長の方針と合わない

求人募集の時には
院長の治療方針が素晴らしいと共感して
働き始めたのに、実際は
まったく異なる治療方針で、
自分が目指すスキルアップも図れない
と感じて辞めたくなる方もいます。

このように、数を挙げればキリがないほど
辞めたくなる理由はあると思います。

では、
辞めずに自分に合った歯科医院を見つけるためには
どうすればいいのでしょうか?

自分に合った働きやすい歯科医院を見つける方法

せっかく働いたところを辞めるのは
罪悪感も生じますし、辞めることに
勇気も必要です。

できれば辞めずに
気持ちよく働きたいですよね。

働く前に辞めたくならない歯科医院を
どうやって見つければ良いのか?

それは7つの基準で考えてみてください。

働きやすい歯科医院の基準

  1. 職場の雰囲気が良い
  2. 院長やスタッフによるパワハラ・セクハラがない
  3. 有給がとりやすい
  4. 残業が少ない
  5. 産休育休の取得実績がある
  6. 評価基準が明確
  7. スキルアップなど研修制度がしっかりしている

職場の雰囲気が良い

スタッフ同士がちゃんと
コミュニケーションを取れて、
明るく挨拶ができているか?

重たい空気感もなく
伸び伸び働けている職場は、
雰囲気の良い職場
です。

逆に、重たい空気で笑顔もない、
挨拶などもなく業務的な指示だけの職場は
コミュニケーションが取れてない職場

と言えるでしょう。

院長やスタッフによるパワハラやセクハラがない

セクハラやパワハラがない職場は
最初は見極めることは難しいと思いますが、
スタッフが萎縮しているところや、
院長の口調が乱暴などであれば
パワハラが日常的に行われている
可能性もあります

有給が取りやすい

スタッフが少ない医院であれば
有給は取りにくいでしょう。

採用前に、福利厚生などは
どのようになっているかの確認は
必ず行うことが重要
です。

「今は忙しいから少し有給は待って欲しいけど、
 〇〇月には必ず取れるようにするから。」
など、素直に言ってくれる院長の場合は
信頼できる職場と考えられるかもしれません。

残業が少ない

仕事もプライベートも充実させたい
と考えている方も多いため、
「いくら残業代が出るといっても
 遅くまで仕事はしたくない」
と感じている人はたくさんいます。

勉強と称して勤務時間後に研修をさせられる
などの場合があるので、残業については
口頭ではなく、明確な書面などで
事前に確認をとる方がいいでしょう

産休、育休の取得実績がある

子供ができてもその院で働きたい
と考える方もいるのですが、
日本の社会ではまだまだ
「結婚を機に退職する」という
考えの方が多いです。

しかし、院長やスタッフが
産休育休について理解してくれている
職場の方が心強いですよね。

採用募集の際には、
産休育休の取得実績の有無も
見極める基準にするといいでしょう

評価基準が明確

歯科医院だけではなく
日本の企業に多いのが、
評価基準を「好き、嫌い」などの
感情で評価する点
です。

本来仕事であれば、
好き嫌いではなく
どこまでの作業を完遂できているか?
その作業の完遂度や質などで判断するものです。

なので、
給与の評価基準はどのような考えのもと
されているのかを確認すること

働きやすい歯科医院を見つけられる
きっかけとなるでしょう。

スキルアップなど研修制度がしっかりしている

毎日同じ仕事ではなく、
「スキルアップをしていきたい」と考えている
歯科衛生士さんも少なくありません。

そのため、
研修制度がちゃんと整備されているか?
も重要な選択肢
となります。

このような基準はありますが、
実際は働いてみないとわかりませんよね。

複数の歯科医院でも働けるHANOWAを活用すれば自分に合った職場を働きながら見つめることが可能です。

自分に合う職場は、
ホームページにある採用条件などに
書かれていることだけでは
見極めることができません。

実際にまずは働き、
どんな環境なのかを肌で知らないと
難しいですよね。

「働き始めたもののやっぱり違う……。」
「初日で辞めたくなった。」

なんて話はよくあります。

そのためにぜひ
「HANOWA」を利用してみて欲しいのです。

HANOWAでは
複数の医院を掛け持ちして働くこともできますし、
歯科衛生士さんが長く安心して働けるように
様々な機能が実装されています

その機能を活用して、
「長く働ける自分に合った職場」を
見つけてみてください。

HANOWAは歯科衛生士さん達の
新しい働き方を応援しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる