自分に合った歯科医院の選び方!価値観の合った職場で安心して働くための裏技とは?

就職先や転職先で
歯科衛生士さん達がもっとも重視するところ

なんでしょうか?

給料はもちろんですが、
働く環境を一番先に考える人が多いと思います。

ですが、

  • 働く環境が自分に合っているのかどうか?
  • 自分が働く医院は、
    院長含めて価値観の合う人はいるのだろうか?

就活もそうなのですが、
このようなことを考えても
実際に働いてみないとわからないですよね。

そこで、この記事では
自分に合った歯科医院を
どのように選べばいいのか?
また、
あなたが安心して働くためには
どのようにすればいいのか?
をお伝えしたいと思います。

目次

自分に合った歯科医院ってどんな医院なのかを定義すること

働いていて「自分に合わないから辞める」
といった人は多いのですが、
この「自分に合わない」とは
どんな意味があるのでしょうか?

「自分に合う=自分の思い通りになる」

と解釈して
思い通りにならない、
思ったことと違うから辞める
という人も多いです。

そのような人は
最初の期待が大き過ぎるのだと思います。

だから
思っていたのと違うから自分に合わない…
となって辞めることにつながってしまいます。

では、あなたが考える
「自分に合った歯科医院」とはなんでしょうか?

まずはそこを自分で決めることです。

自分に合うかどうかを見極めるには
7つほどの条件があると思います。

  1. 社風(医院の雰囲気)
  2. 経営理念
  3. 医院規模(大手、小規模)
  4. 院内の人間関係
  5. 働きやすさ(居心地の良さ)
  6. 評価制度
  7. 給与制度

自分にとって
どんな希望があるでしょうか?

まずは書き出すことで
自分の理想を知ることができます

自分に合った歯科医院を見つめるための自己分析

自分の理想を知っただけでは、
自分に合った医院を見つけることは
できません。

その理想に見合った人材なのか、
自分自身を客観的に把握することも必要です。

  • 転職する人であれば、
    「自分のキャリアの棚卸し」をする。
  • 「好きなこと、できること、
     今後やっていきたいこと」を整理する。
  • 仕事内容、給与、勤務時間、勤務地など
    「仕事をする上での優先順位」を決める。
  • 客観的な「自分の市場価値」は
    どれくらいかを知ること。
  • 人間関係で「どんな場面が嫌なのか」
    を書き出す。

このような項目で自己分析をしてみて、
自分はどんな人材なのかを
客観的に把握することで、
自分の意見を面接時にスムーズに伝えることや、
気になる点を質問することもできます。

ただ、事前に書き出して自分を知り、
言葉の定義をすることはとても大事なのですが、
実際に働いてみないと
職場環境はどうなのかはわからないものです。

理念などは立派でも、実際に働くと真逆だった
ということもあり得ますし、
面接時は優しそうで丁寧だったのに、
働き出したらモラハラのような威圧感で
苦痛を感じる
ということもあります。

なので、実際には
自分に合うと感じられる医院を
体感的に見つけることが重要
です。

価値観の合った職場で安心して働くための裏技とは?

価値観は、いくら求人情報や
その医院のホームページを見たところで
わかりません。

なぜなら、
どこの医院も人手が足りないので
「良さげなことが書いてある」からです。

どこも同じような内容になっていますよね。
なので、それだけでは判断できないのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

そんな時に活用して欲しいのが、
HANOWAなのです。

私たちは、
歯科衛生士の皆さんに
新しい働き方を提案しています。

「本当に価値観のぴったり合った場所で
 安定して働きたい」

そんなあなたのニーズに
完全に応えることができます。

複数の医院で働くこともできて、
1日3時間の勤務なども可能です。

複数の医院で働くことができれば、
自分に合った医院も見つけやすくなりますよね?

歯科衛生士の皆さんが
自由なライフスタイルの実現ができるように
HANOWAをぜひ活用してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる