歯科衛生士にならなければ良かった!向いていないって思う前に働き方を変えるという選択肢もあります。

歯科衛生士は
転職や離職が多い仕事です。

学校に通い、大変な実習も経験し
国家試験に合格してなった歯科衛生士。

最初はキラキラした未来を
想像していたと思います。

しかし、実際に勤めてみると、
朝から晩までの激務。

まだ仕事にも慣れきっていないなか、
説明する内容は理解しているのだけど、
患者さんを目の前にしたら
患者さんに対してどうして良いのかわからない
というコミュニケーションの問題
や、
スケーリングやSRPができないなど
技術的な未熟さから、
ミスをしてしまうこともあります

そんななか、
院長やスタッフの方など職場の人たちと
うまくコミュニケーションが取れずに、
ミスが多くなってしまって居場所がない。

ある日、院長やスタッフの方に
「君は歯科衛生士向いてないね」
と笑いながら言われて、
すごく落ち込んでしまいました。

頑張って歯科衛生士になったのに、
私は本当に向いてないのかなぁ…。

歯科衛生士にならなければよかったかな?
なんて、最近は毎日のように思います。

このように、
院長やスタッフさん側は
冗談や発破をかけるつもりで言った言葉でも、
本人にとっては大きく傷つき、
せっかく頑張ってとった資格の
歯科衛生士の仕事から離れて
他業種に転職してしまう——
ということにつながってしまうケースも
多いと思います。

目次

本当に歯科衛生士の仕事は向いてないのでしょうか?

歯科衛生士にならなければよかった!
と感じる理由はなんでしょう。

院長やスタッフに
向いてないと言われたことによって、
自信を失ってしまったことではないでしょうか。

歯科衛生士さんが
「向いていない」「ならなければよかった」
と感じることの多くは、
職場の人間関係によって
コミュニケーションの不足から
職場環境が合わない、
また、労働環境が合わない
と感じてしまっていることが原因です。

現場で実際に働き出すと、実習の時とは
感覚も大きく違うでしょうし、
院長やスタッフも気を遣ってはくれません。

必要最低限のことだけを伝えられて
自分で考えて動け!
というメッセージを投げられるでしょう。

ですが、よく考えてみてください。

まだ慣れていないのですから、
できなくて当たり前なのです。

必死に慣れようと、先輩の動きを見ながら
覚えようとしていますよね。

ですが、その頑張りのプロセスは
なかなかすぐには認めてもらえません。

そんな状況で
「向いていない」と自信を失ってしまいます。

では、仕事に慣れるまで、
人間関係を我慢しながら
働き続ければいいのでしょうか?

苦しみながら頑張って
我慢し働き続けた結果、
心が疲れてしまう……。
そんなことも実際にあります。

HANOWAは「歯科衛生士にならなければよかった」と感じてしまう人を一人でもなくしたいと考えています。

私たちは、

  • 歯科衛生士がもっと輝いて、
  • 自信を持って
  • 毎日が充実したライフスタイルを実現してほしい!

と心から願っています。

歯科衛生士になりたい!
と考えて厳しい実習や試験に合格し、
ようやくなった歯科衛生士の仕事を、
環境のせいで辞めて欲しくないのです。

最近、こんな相談投稿を目にしました。

将来歯科衛生士になりたい高三です。 ですが、YouTubeやTwitterなどをみると”歯科衛生士辞めたい”とかあってめちゃくちゃ不安です。 親に歯科衛生士の専門学校に通いたいと相談したところOKは出たんですけど、通うからには最後まで続けてほしいな。と言われました。 最後まで通い続けるつもりですが、レポート大変とか実習先の担当の方が怖いとかで不安なんです。 実際どうですか??

夢を持って「歯科衛生士になりたい!」
と考える若い世代もたくさんいます。

しかし、
歯科衛生士さんたちが実際に働き、訴える声は、
この記事のタイトルにもあるように、
「歯科衛生士にならなければよかった」
「やめたい」
という情報の方が
世に大きく出てしまっています。

HANOWAは、
この状況を、歯科業界の働く環境を変えたい。

働く皆さんがもっと笑顔になれるように
「新しい歯科衛生士の働き方」
を提案しています

環境が合わないなら、合う環境があるかたくさんの医院を知ればいい!

今までの日本人の価値観は、

  • 一つのところで長く働き、
  • すぐに辞めることは「悪」

だと教えられてきました。

ですが、そのせいで、
自分に合わない環境を我慢しつづけ、
苦しみながら「楽しくない」と感じながらも
生活のために…と働き続けないといけない

周りの目を気にして辞められない
という価値観に縛られています。

ですが、その職場に合うか合わないかは、
実際に働いてみなければわかりませんよね。

働いてみて、
自分に合う医院なのかを判断できれば
きっとあなたは、
「向いていない」
「歯科衛生士にならければよかった」
と思うこともないはずです。

もっと意欲を持って
スキルアップもできるはずです。

え?そんなことってできるの?
と思っている方も多いと思いますが、
HANOWAではそれが可能なのです。

  • 自分にあった環境を探したいから複数の医院で働きたい。
  • 価値観のあったところで安心して働きたい。
  • 趣味にも時間を使いたいから、1日フルタイムではなくスポットで働きたい。

など、
あなたの希望にあった働き方を
実現できる方法があります

私たちHANOWAは、
歯科衛生士が感じる勤務上の課題を
解決することで、

予防医療の未来を作ることができる
と考えています。

もし、
(私って向いてないのかな?)
(歯科衛生士にならなければよかったな…)
と自信を失ってしまっていても、
それは決してあなたのせいではありません。

歯科業界から去る選択ではなく、
あなたに合った働く環境を見つけるために
HANOWAを活用する

という選択を、一度考えてみてください。

お問い合わせ、ぜひお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる