歯科衛生士の復職、あきらめないで!単発勤務ができるHANOWAで資格を活かしてみませんか。

女性のライフスタイルは、結婚や育児、介護などの影響を受けやすく、正社員やパート勤務で「時間や場所など、条件が固定されていると働きづらい」と感じる方が多くいらっしゃいます。

HANOWAへ相談される歯科衛生士さんが「働きたくても復帰できない」とおっしゃる理由には、下記のようなお声があります。

・急な休みが必要なときに頼れる人がいないので、職場に迷惑をかけてしまいそう。
・家庭のスケジュールに合わせた働き方ができない。
・「週2日でもOK」「お子様がいても働きやすい職場」と求人情報に書いていても、面接に行くと歓迎されていないことが伝わる。

・引越しのたびに勤め先を探すのが大変。

今回インタビューしたAyumiさんもそんなおひとり。
親の介護をしながら週2~3日の勤務を両立できると考えていたものの、実際は突発的な休みが必要になることもあり、難しいと悩まれていたそうです。

そんな時にHANOWAと出会い、単発勤務で自分のスタイルに合わせた働き方ができることに魅力を感じて、活用されています

インタビューでは、Ayumiさんの現在のHANOWAの使い方や、子育て・介護と両立するポイントHANOWAをオススメしたい歯科衛生士さんなどを伺いました。お楽しみください!

動画も配信しています

患者さんとのエピソードを、そのときのやり取りが目に浮かぶほど具体的に話してくださるAyumiさん。

その様子から、Ayumiさんのお人柄や熱心な仕事ぶりが伝わってくる動画になっています。
ぜひご一緒にどうぞ!

目次

プロフィール

HANOWA NAME:Ayumi

歯科衛生士歴26年。
日本歯周病学会認定歯科衛生士。ホワイトニングコーディネーター取得。
歯科医院だけでなく、デイサービスや歯科メーカーの営業などのキャリアも持つ。
現在は、親の介護をしながらHANOWAを使い、ライフスタイルに合った働き方を実現させている。

インタビュアー紹介 

歯科衛生士&動画クリエイターのわだやんです!

『常勤の歯科衛生士』という働き方に息苦しさを感じていたときにHANOWAと出会いました。

HANOWAでの勤務を通して、「こんな働き方もあっていいんだ!」「様々な働き方の選択肢があるんだ!」と心が救われたことを覚えています。

  • 「歯科衛生士だから、ひとつの医院で長く働かなければいけない」と自分で自分を縛らずに、もっと“自分らしい人生”を叶える人を増やしたい。
  • HANOWAを通して自己実現に近づく歯科医療従事者のリアルな声を、動画という形で1人でも多くの人に届けたい。

そんな想いでインタビュー&動画制作に取り組んでいます!

\ Follow me /
 

現在の働き方について

わだやん

Ayumiさんの現在の暮らしや働き方について、教えていただけますか。

Ayumi

いまは、親の介護をしている関係で扶養の範囲内で働いていますので、月に5〜6回ぐらいHANOWAを利用させていただいています

わだやん

HANOWAを利用する前は、どのような働き方をされていましたか?

Ayumi

新卒で就職したところは一般の開業医さんでした。
ただ、あんまり歯科衛生士業務をさせていただけなかったんですよね。

(嫌だなー)って思ってたんですけど、親に「“石の上にも三年” だから、3年は働け」と言われて、3年は頑張りました。

Ayumi

その後、本来の歯科衛生士業務ができるような所を探して、予防型の診療所で13年くらい働かせていただきました。

その診療所では、口腔内写真を撮ったりサリバテストを行ったり、カリエスフリーの子を育てたり、いろんな歯科衛生士業務に携わらせていただけました。

また、『日本ヘルスケア歯科学会』に所属していたので、私も一緒に所属しました。

わだやん

充実されていたことが伝わってきます。

診療の様子
わだやん

そんななか、どうしてご退職されたのですか?

Ayumi

もう楽しくて、つい頑張りすぎちゃって、自分の体調を崩して退職することになってしまいました…。

わだやん

楽しくて、体調を崩しちゃうほど頑張りすぎたのですね(苦笑)

わだやん

その後はどうされたのですか?

Ayumi

ちょうどその頃、父親の病気の関係で摂食嚥下に興味があったので、口腔機能の向上のリハビリを行うデイサービスに歯科衛生士として入りました。

その後、歯科器材メーカーの営業補佐を経て臨床に戻り、自分の力をつけるために3年ぐらいかけて日本歯周病学会の認定を取りました

日本歯周病学会認定証
わだやん

また臨床に戻ろうと思った理由をお伺いできますか。

Ayumi

13年勤めていた医院にいるとき、結婚・出産・離婚・親の病気など色々あって…。

一人で子供を育てていたので、(経済力をつけないといけないな…)と思い、安定した仕事を考えた結果、臨床に戻ったわけなんです。

わだやん

様々なライフステージをご経験されているのですね。
仕事と子育てや介護などを両立するためのポイントはありますか?

Ayumi

ついついプライベートでも仕事のことを考えちゃったりしますが、「プライベートはプライベート」と頭のスイッチを切り替えたほうが、お仕事も家庭も上手く両立できるんじゃないかなって思います。

私は、休みの日は夫と趣味である登山へ行っています。一緒に自然の中でリフレッシュして、切り替えちゃうようにしています。

わだやん

プライベートのときは、仕事のことを引きずらない方が良いですよね。。

趣味の登山の様子
ご主人との登山でリフレッシュ

患者さんと向き合うときに大事にしていること

わだやん

Ayumiさんが、患者さんと向き合うときに大事にしていることを教えていただけますか。

Ayumi

プロとして、体はもちろんですけど、できる限り心も全力で支えることを大事にしています

自分のプライベートでも経験したように、人間は生きていると色んなことがあるわけで…。

目の前の患者さんがどのライフステージにいるのか、どういう生活をされているのかなどを考え、お聞きしています

わだやん

患者さんとの具体的なエピソードがあれば、お聞かせいただけますか。

Ayumi

先日、HANOWAでお世話になっている歯科医院さんで、40代の女性を診せていただいたときのエピソードです。

Ayumi

しっかりケアされているけどカリエスリスクが高かったので、「一緒に原因を探していきたいので、思い当たることありますか?」とお話したら、甲状腺の病気を患っていらっしゃることがわかりました。

そのため体重が減っちゃって、増やさなきゃいけないから…と、甘いものをちょくちょく摂っているのだと伝えてくださったんです。

そのお話を踏まえて、その方の状況に合ったアドバイスができました。

わだやん

Ayumiさんのモットーである「患者さん一人ひとりを丁寧に診る」という言葉が思い浮かびました。

Ayumi

会話のキャッチボールからいろんな解決の糸口が見えてくると思っているんですよね。

相手の気持ちに寄り添って理解した上で、「あなたのこと、ちゃんとわかっていますよ」という共感のメッセージを伝えて、支えていけたらいいなっていう風に感じています

HANOWAの魅力

わだやん

実際にHANOWAを使ってみて、どの辺りに魅力を感じていらっしゃいますか

① 代表者の信念

Ayumi

一番の魅力は、代表の新井さんだと思っています。

Ayumi

“歯科業界じゃないところから来られた方” っていうところがポイントかなって。

お若い頃に起業されて、いろんな失敗や成功を経験されている方って、歯科業界にとっては新しい風というか。

Ayumi

歯科業界は、自分も含め社会常識を知らない人が多かったり、非常識がまかり通っちゃったりするような世界だと思うんですよね。

でもHANOWAのコラムや連絡のやり取りを通して、新井さんは人の心の機微を読み取ってくださる方だと私は感じました。
その点が魅力で、信頼できるなって思うんですよね。

HANOWA代表、新井とのLINEでのやり取り(一部抜粋)

② 自分のスタイルに合う歯科医院を探せる

Ayumi

あとは、自分のスタイルに合った歯科医院を探せるところも魅力だと感じています。

Ayumi

いい先生と出会いたいなって思っているので、お見合い感覚っていうんですかね、色んな先生と初回の『30分お試しマッチング』を活用して働いてみて、自分のスタイルに合うかを確かめています

わだやん

ちなみに、HANOWAを使って変わったことはありますか?

Ayumi

HANOWAのパートナー歯科医院さんに入って診させていただくので、いい意味での緊張感とプロ意識というか、今までよりも心を引き締めて働いているような感じはあります。

わだやん

今までインタビューした歯科衛生士さんは、皆さんそうおっしゃいます。

やっぱり次もご依頼をいただくには、勤務したときにしっかり力を発揮する必要がありますもんね。

HANOWAの活用方法

わだやん

AyumiさんのHANOWAのプロフィールを見たとき、とても整っていらっしゃる印象を受けました。
プロフィールで気をつけていることはありますか?

Ayumi

そうですね…、自分が得意なことや具体的にできることは、明記するようにしています

わだやん

そういえば、パートナー歯科医院さんから「“何ができる人なのか” がわかった上で依頼できるのはありがたい」というお声を耳にします

わだやん

では、AyumiさんがHANOWAで勤務するときに心がけていることは何ですか?

Ayumi

たとえば、
「今日は助手さんが一人お休みなんですよ」みたいなことを聞いたら、自分から「何か手伝うことありますか?」と言って、洗濯物を畳んだり器具戻しのお手伝いをさせてもらったりとか、全体の診療がうまく回るように心がけています

皆さんとなるべく仲良く働けるように、何か自分がお役に立てるようにと思って仕事をしていますね。

わだやん

そういった心がけが、パートナー歯科医院さんからの高評価につながっているんですね。

こんな歯科衛生士さんにHANOWAをおすすめ

わだやん

どんな歯科衛生士さんにHANOWAをおすすめしたいですか?

Ayumi

たとえば、
旦那さんが転勤族の方
フリーランスとして働きたい方
お母さん歯科衛生士さん
ですかね。

転勤族の方へ

Ayumi

転勤族の方の場合、勤務実績や歯科医院さんからのレビューである『アリガトウ』(※)が残るので、引越し先でもマッチングしやすいと思います。

フリーランスとして働きたい方へ

Ayumi

フリーランスで仕事を始めた当初は、実績や人とのつながりがないと、急には仕事は来ません

そこで、HANOWAを活用して歯科医院さんで勤務し、実績や信頼関係を築いていかれるといいと思います。

お母さん歯科衛生士さんへ

Ayumi

私は、お母さんたちってすごく能力が高いと思うんです。

子育てをしながら日々の献立を考えて、買い物に行ってご飯を作り、子どもが元気のない顔をしていたら「どうしたの?」って話を聞いてあげたり。
さらに、旦那さんの晩酌に付き合いながら武勇伝を聞かなきゃいけなかったりとか(笑)。

家族みんなのために時間を使っていますよね。
そんな素晴らしい能力を、ぜひ社会でも使っていただきたいなって。

Ayumi

きっと、空いている時間もあると思うんです。
そんなときにHANOWAを活用してみてほしいです。

HANOWAを使って社会とつながると、人生がもっと楽しくなるんじゃないかなって

今後のビジョンについて

わだやん

では最後に、今後の働き方やビジョンを聞かせてください。

Ayumi

今も模索したり悩むこともありますが、今後は、もっと自分を高めて「教育ができる歯科衛生士」になりたいです。

昨日も研修のご依頼をいただいて、フリーランスの下積みだと思って受けさせていただきました。

Ayumi

また、私はHANOWAを通して出会った方々のおかげで、今までの経験を誇りに思えるようになりました

今後はそのご縁を大事にしながら、患者さんの健康を支えることでも恩返しをしていきたいです。

編集後記

インタビューを通して歯科衛生士さんのリアルな声を伺えば伺うほど、

・家事や育児、介護など、自分の時間の大半は家族に費やしている
・そんな生活を送っていると、社会とのつながりが作れずに孤独を感じる
・いざ働こうと思っても、条件に合う職場が見つかりにくい

といった悩みを抱える女性が多い、という事実を教えていただきます。

Ayumiさんがおっしゃるように、日々マルチタスクをこなされる世のお母さんたちの能力は、歯科業界の現場でも活かされる場面が大いにあるでしょう。

だからこそHANOWAは、そんな自分の能力を活かせずに “眠っている歯科衛生士さん” たちが、

  • 自分のスキマ時間に合わせて
  • 複数の歯科医院で
  • 自由に働ける

ような社会を目指し、歯科医院とのマッチングプラットフォームを作っています。

HANOWAを活用することで、Ayumiさんのように、ご自身のこれまでの経験を誇りに思いながら夢を抱き、患者さんの支えとなる歯科衛生士さんが増えれば幸いです。

Ayumiさん、貴重なお話をありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!

この記事を書いた人

吉田 樹のアバター 吉田 樹 インタビューライター

ヒトが大好き!
HANOWA編集部の吉田樹(いつき)です。

特技は “ヒトの魅力ポイントを見つけること” と “挑戦を全肯定して応援すること” 。

HANOWA代表 新井の想いに共感し、お手伝いをさせていただいています。

歯科衛生士さんたちに寄り添いながらも、純度の高い記事をお届けしていきますので、

「歯科衛生士の仕事が大好き!」
「歯科衛生士の活躍を応援したい!」

という方は、ぜひ一度お話しましょう!

目次
閉じる