フリーランス歯科衛生士になる前に知って欲しいこと

歯科衛生士としてフリーランスになって
「私もあの人のように働きたい!」と
希望を持っている方は
多いのではないでしょうか?

フリーランス歯科衛生士さんの
インタビューを読んでみたら、
報酬も3倍以上になって、
自由でキラキラしているように見える。

「私もこのような働き方をしたい!」
そう思うのは当然ですし、
新しい働き方でもあるので
ぜひチャレンジして欲しいと思います。

しかし、
フリーランス歯科衛生士になる前に
ぜひあなたに知って欲しいことがあります。

それは、
自由な反面、
フリーランス歯科衛生士さんの
インタビューなどで見えている景色と
最初は大きく違う
ということです。

HANOWAは
歯科衛生士さん達を全力で応援しています。

なので、
稼げる歯科衛生士になるためには
何が必要なのか?
をお伝えしたいと思います。

目次

フリーランス歯科衛生士とは?

最近増えている
フリーランス歯科衛生士ですが、
フリーランス歯科衛生士の定義は
結構曖昧です。

一般的にフリーランスの意味は、
企業など組織や団体に属さず、
個人で仕事を請け負う「働き方」を指す

と言われています。

一方、
「個人事業主とはどう違うの?」
と思う方もいると思いますが、
個人事業主は税務区分の違いであり、
フリーランスは働き方の違いと言えます。

では、
フリーランス歯科衛生士の定義とは何か?
というと、
一つの歯科医院で雇用契約を結ぶのではなく、
単発の仕事での契約の仕方
になります。

つまり、
HANOWAを活用して
複数の歯科医院で働く働き方も
フリーランス歯科衛生士に近い働き方

かもしれません。

ですが、
完全に自分の力でクライアントを獲得している
というわけではないので、
フリーランスの働き方を学べる
という捉え方ができるのではないかと思います。

フリーランス歯科衛生士で一生稼いでいくためには何が必要なのか?

上記の
「フリーランス歯科衛生士」という言葉が嫌いな歯科衛生士たち
でも述べていますが、
生き残っていくためには
歯科衛生士のスキルだけではいけません

上記の記事では、
「商売人」としての総合力は

  • 根性
  • 胆力
  • 度胸
  • 営業力
  • 政治力
  • 期待に応え続ける力
  • 評判を高め続ける力
  • 依頼が来続ける人柄

が必要だと言いました。

スキルは当然のこと、
仕事を獲得していくためには
周りに
「この人にお願いすれば
 患者さんも、スタッフも安心だ」
と思っていただく必要が最低限あります

ここが最低限のことで、
あなた自身の考え方を
いかに認知していただけるのかも重要
です。

誰にも知られなければ
当然仕事になりませんから、
発信力も大切な要素です。

仕事を獲得する上でも
発信力を持つ上でも最も大切なことは、
「フリーランス歯科衛生士として
 どう在りたいのか?」
ということだと思います。

「フリーランス歯科衛生士になりたい!」
ともし思った時に、

  • なぜ、なりたいのか
  • どのように患者さんや歯科医院さん達に貢献していくのか?

そこを明確にできない人は
必ず失敗するでしょう。

  • キラキラしたい
  • 稼げるから

そのような理由もいいかもしれませんが、
「欲望」のみで起業をして
うまくいくことは無い
と断言できます。

本当に「自由な環境で輝きたい!」
そう考えているのなら、
この機会に自分自身と向き合って、
本当の自分を探してみるのも
いいのかもしれませんね。

それまでは、HANOWAを活用して
擬似フリーランス歯科衛生士の
働き方を体験してみると、
自分がどうしたいのか?が
より明確になるかもしれません。

目的意識を持って
HANOWAを活用していくと、
自分を最大限生かせる環境が
自然と作られていくのではないかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる