HANOWAに信じられない医院が登録してました。。。

From:代表のあらい

先日、パートナーさんから
お叱りの言葉をいただきました。

目次

トンデモ医院が登録していますよ!

という通報でした。

要は、
そのパートナーAさんが
過去に勤務したトンデモ医院Bが
HANOWAに登録をしていた
、と。

けしからん!
と思ったAさんは、
わざわざHANOWAのお問い合わせフォームに
・自分が過去にその医院で受けた仕打ち
・その医院の実態
・内部告発
を書き連ねた上で、

HANOWAの医院登録に際しての
審査基準はいかがなものなのか?

何の審査も設けていないのなら、
このようなサービスは信用できない!


お叱りの言葉を送って来られました。

ちょっと順番前後しますが、

2021年も8月になりましたね。
改めてご無沙汰してます、
HANOWAの新井ですm(_ _ )m

もうね〜
6月も7月も忙しかったんですよ…。

そこそこタフなイベントの
締め切りが立て続けにあり、
情報発信やリレーション作りなどが
なかなか出来ませんでした。

8月以降は
忘れた頃にやってくる程度に、
メルマガブログの執筆活動が
できればと思ってます。

ピリ辛で口の悪い文章ですが、
要らなければどんどん解除してください。

で、
以前から僕の発信とかをご存知の方は
上記に対して何とアンサーするか
もうお分かりだと思うんですが、、、

知らんがな。

この一言ですね。

いやいや、
歯科衛生士の地位向上
って僕ら謳ってますけど、
別にあなたから信用されるために
やってるんじゃありませんがな。

一応、
審査基準などは最近の方には
発信が疎かになってたと思うので
再掲すると、

過去にはこんな感じで
サービスに登録する医院の方針は
変化してきました。

もちろん当初は
クオリティや評判を意識したかったです。

ただ、色々考えた結果、
苦渋の決断の末、
「質」よりも
「数」を優先させることにした
経緯があります。

いつまで過去に囚われてるの?

もちろん、
ここ最近は上記のように、
HANOWAに来たお問い合わせメールを
一つひとつ僕が回答するようなことは
していません。

会社組織として
担当者が返信を致しております。

ただ、
僕がこのパートナーAさんと
もし直接コミュニケーションを取るなら、

いつまで過去の話しとるんや、と。
お話しするかも知れません。

(いや、やっぱしないかな…
 ひたすら延々と外部環境や誰かのせいに
 しつづけたい人っていますよね…)

もちろん情報提供は感謝しますが、
「こんなサービス信用できません」までは
感情がこもり過ぎです。
そう思うなら、
自分はそっと使わなければいいだけ
の話です。

「この社会には被害者はいない。志願兵が存在するだけ。」

確かアメリカのタレントが言ってた言葉で、

この社会には被害者はいない。志願兵が存在するだけ。

というのがあります。

僕らHANOWAは
歯科衛生士の地位向上も目指しますが、

歯科衛生士という職種だけに囚われず、
会社の存在意義として

「滑らかな働き方を通じた自己実現」

を掲げています。

とても解釈の余地のある言葉ですが、
要はたった二文字で表すなら

自立

でもあると思います。

この「自立」から最も遠いマインドセットが
「他責」です。

誰か他人のせいで今の自分がある。

過去の出来事のせいで、、、
以前の職場のせいで、、、
前の院長先生のせいで、、、
この環境のせいで、、、
この地域のせいで、、、
あの学校のせいで、、、
あの親のせいで、、、
あの同僚のせいで、、、
安倍のせいで、、、
菅のせいで、、、
政治のせいで、、、
日本のせいで、、、

自分以外の、
コントロールできないナニカによって
自分の人生が規定されるのなら、
あなたはあなただけしか持ち得ない、
自分の人生のハンドルを
手放すことになってしまいます。

被害者になった時点で
「自立」も「自己実現」も
手放してしまいます。

苦しいけれど、

  • その医院を選んだのは自分です。
  • その学校を選んだのは自分です。
  • 今の職場を選んだのは自分です。
  • 今の結婚相手を選んだのは自分です。
  • 今の自分を選んだのは他でもない、
    自分自身です。

あなたは今、目の前にある全てを
志願してここまで来ました。

苦しい現実ですが、
そう思うことで初めて

「じゃあこれからどうするか?」

を自分の力で選ぶことができます。

僕らは、
いくら儲からなくても
HANOWAを辞めることはありませんが、
関わる人たちの
「滑らかな働き方を通じた自己実現」
が果たせないのなら、
HANOWAをやる意味がないと思ってます。

それはHANOWAを使う人もそうだし、
HANOWAを運営する側に対しても
僕は思ってます。

なので、
どうかパートナーのあなたは、

苦しい現実から目を背けず、
「他責」にまみれず、
あきらめないで自分の人生の
コントロールを手放さず、
愚直に自分だけにしか歩めない人生を生きて、
その背中で周囲の人を勇気付ける
美しい人であって欲しい
と思います。

過去や環境の話はもうお終い。
これからのあなたの人生の話を
聞かせてください。

では。

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる