MENU

HANOWAに登録していると、グイグイ時給を上げられる3つの理由

2020 3/14
HANOWAに登録していると、グイグイ時給を上げられる3つの理由
のアイコン画像

From:代表のあらい

このビジネスをやってて
皆さん本当に奥ゆかしい方が
多いんだなと、
いつも思います笑

目次

自分の時給を自分で決められる

ということが
HANOWAの斬新でユニークな部分かと思いますが、

正直僕も、女性が働く上で

「報酬額」

ってそこまで優先順位が
高くないとは思ってます。

  • 社会との繋がり
  • 誰かに貢献している充実感
  • 「ありがとう」と言われることで自分が受け止めて貰えている感覚

こういった感情的な部分が、
男と違って女性の働くモチベーションとしては
とても大きいんじゃないか

と思っている次第です。

裏側の論理

なので、
第一は歯科衛生士としての
「やりがい」
の為に純粋に働いてもらえたらと思います^^

ただ、一応、
歯科医院側のコスト構造や
収益構造などから、

実はHANOWAパートナーの場合は
2,000円/hを受け取って頂いても、
何らお財布的に痛くもない
ことも
知っておかれると良いなと思います。

※本当に院長が助けて欲しい時に、
 一定以上のパフォーマンスを発揮してもらえるのなら。

理由①「求人広告費用がかからない」

  • とらばーゆとか
  • バイトルとか
  • indeedとか
  • タウンワークとか

ですね。

実際にタウンワークの料金表

右下のブタは可愛くとも、
料金はそんなに可愛くありません。

↑は一般的には2週間ですが、

+ web同時掲載

+ indeed掲載

などの様々なオプションを上乗せし、

営業マンのセールストークで

院長先生、
もっと大きなサイズじゃないと意味ないですよ!

と洗脳を受け、
どんどん料金が膨らみます。

そしてだいたいは、
大した成果に繋がるかどうか。。。。

広告での相場は、

一人の常勤DHを雇うには、
40万円とも、
50万円とも言われます。

理由②「紹介会社みたいに早期退職リスクが無い」

人材紹介のサービスを使った方はいますか?

あーいったサービスは
だいたい女性のコンシェルジュが

「あなたにぴったりな職場をご紹介!」

なんて言いますが、

とりあえずどこかの職場に押し込みさえすれば、
医院から売上になる構造です。

そして彼女たちも、
日々ノルマを背負って営業活動をしています

本当に心の底から
幸せなマッチングを願っていても、

現場では常に売上ノルマの
プレッシャーを受けながら、
やむを得ず心を鬼にして
ミスマッチせざるを得ないことも。。。

半年以上定着すれば
満額手数料を貰えますが、
たとえ早期退職しても
幾分かの売上が立つので、

構造としてどうしても、
ミスマッチしてでも押し込もうとする圧がかかります。

多くのDH不足に喘ぐ歯科医院は

常時①、②の手数料で100万円以上/年を
無駄に垂れ流すこともしばしば。

たとえばHANOWAの場合、
2,000円/hのパートナーなら、
院長先生は600円(=30%)の手数料を
上乗せして支払い
ます。

仮に、
その600円が積み重なって、
100万円分の手数料になる頃には、
年間1,666時間、
HANOWAパートナーが手伝ってくれてるはずです。

仮に仮に、
1時間メンテで8,000円の保険収入。

人件費2,000円/hだったら、
HANOWAを使えば使うほど医院は、
6,000円/hが儲かる計算になります。

1,666時間手伝ってくれれば、
1,000万円/年 近くの
粗利益が増えることになります。

理由③「患者さんがいる時だけお願いが出来るから」

スタッフとしても、
院長としても不幸なのが、

ヒマな時。。。

医院の人件費として常勤でもパートでも抱えてしまうと、
やっぱり色々わずらわしくなってきます。。。

本来、
売上があってもなくても
毎月かかるコストを
「固定費」と言いますが、

HANOWAの場合は、
パートナーの人件費を
売上がある時だけにかかる
「変動費」
として考えることが出来ます。

1,500円/hが・・・

安く感じてきませんか?笑

でもま、
これらは

パートナーとしてあなたが医院でしっかりとした価値を提供することが前提であることをお忘れなく^^

僕が
「時給あげようぜ!」
って言ってることは
院長たちには…内緒だよ♡

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる