MENU

収束後のお話

2020 4/18
収束後のお話
のアイコン画像

From:代表のあらい

目次

診療報酬の倍増

首相が昨日、こんな風に仰ってました。

「診療報酬倍増」を明言

まぁ、特例的な措置で、
新型コロナ重症化患者の受け入れを行う
医療機関において適応できるように

とのことです。

生々しいハナシをすると・・・

うちの妻は介護施設の
紹介会社をやっていますが、

本来、
高齢者は何かのきっかけで

入院

退院

家族で介護可能かどうか検討

難しい場合は介護施設を探す

紹介業者と一緒に見学

施設入居

こんな流れで、
おじーちゃんおばーちゃん達は
介護のプロセスとして社会に流れていきます。
(言い方が悪いですが)

今、病院の現場では、
新型コロナの疑いがある
高齢者や患者を一切受け入れず、
たとえどれだけ安い保険点数になったとしても、
既存の入院患者の入院引き伸ばし作戦に出ています。

院内に新型コロナを持ち込まれるくらいなら、
疑わしい人は受け入れずに、
たとえ安くても現状維持に走るわけです。

そうなると、市場に
要介護のおじーちゃんおばーちゃんが
流れてこないので、
介護施設も紹介業者も
もはや虫の息です。

そこで総理が、
上記の施策に打って出ようとしているのでしょう。

「コロナ患者を受け入れれば倍の報酬が出る」

というのは
ある意味お金で釣る作戦ですが、
果たして吉と出るか凶と出るか…。

同じく歯科衛生士も、、、

「メンテナンスに来ないでー!!!」

と、
診療方針を決定できる医師でもないのに、
匿名で騒いでいた彼女達は
今どうしているのでしょう。。。

ここまで全国的に、
歯科衛生士の仕事である
メンテナンス / 定期検診が無くなって、
経済的に真綿で
締め付けられるような事態になるとは、
想像もしなかったでしょう。

私のスタンスは、NYタイムズの記事などで煽られていますが、いずれの煽りも「まだ事実として歯科医院が新型コロナリスクが極めて高い」と言う明確なエビデンスは無く、判断しかねる状況です。

いずれの煽り記事も巧妙に周辺のデータを集めていますが、まぁその辺りの詳細は、twitterで「よたろう先生」のブログを見つけてください。

ちなみにHANOWAも、

『歯科衛生士と歯科医院が豊かになればなるほど、利益が増える』

そんな風にビジネスモデルを設計しているので、
皆さんが飢える時は我々も飢えます。

死なばもろともです。

共に耐えしのぎましょう。

収束後は・・・

もうね、仕方ないんですよ。

人間生きてりゃ

  • 阪神大震災とか
  • リーマンとか
  • 東日本大震災とか、、

色々ありますよ。

2020年はコロナですが、

  • 1920年はスペイン風邪
  • 1820年はコレラ
  • 1720年はペスト(黒死病)

と、
100年おきに何か起こって
人口調整が入るのでしょう。

仕事や収入ももちろん大事ですが、
一旦は死なないように耐え抜いて、
収束後のことを考えましょう。

僕は

・肺炎重症化予防と口腔ケアの相関性 や
・世界規模の健康観の増進 からくる
・予防に対する意識の増進

この流れは、より強固になると思っています。

今回の総理の発言は、あくまで
一時的なものかも知れませんが、

国会では参議院議員の山田先生なども
声をあげてくださっているように、

歯科衛生士の出番は、間違いなく来ます。

参議院 予算委員会 2020年3月3日(火) 山田宏議員 歯科関連抜粋

そして、
サイヤ人が瀕死になってより強くなるように、

修羅場をくぐり抜けると、
人間はだいたい相当パワーアップしてしまいます。

今は準備期間

HANOWAも今は、
メンテナンスアポがない時は
普段できなかったシステム強化を
プログラマーにお願いしつつ、

プログラミングができない僕と南部は、
●ber Eatsの配達でもやって
食い扶持を稼ぎながら、
U●erのシステムを学んで
HANOWAに反映できるように、

収束後の爆発的飛躍の準備をしましょう

やったるでーー! ^^

では

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる