ダメ男にハマる歯科衛生士

のアイコン画像

From:代表のあらい

目次

ダメ男を引く確率

僕の過去の実地調査によると…

シングルマザーの元に育った長女がダメ男を引く確率

この確率は、
歯科衛生士の合格率級に高い…。

(*2018年 96.1%)
(**新井個人の感想であり、効果を保証するものではありません)

まぁ、何をもって
「ダメ男」と定義するか?
ですがね、、、(-“-; )

あと毒親育ちも。

ややこしい心理学の話は抜きにして、

自己肯定感
(自分で自分のことを積極的に評価できる力)

が低いと、

目の前にスペックの高い
素敵な男性が現れても、

とにかく気後れする。

「私みたいな
(自己肯定感の低い)
(大したことのない)
 人間が、
 こんないい人と付き合えるわけない…」

とか言って、

どんどんスペックの高い男から逃げて行き、
いつの間にか周りにはカス男ばかりになる。

やっかいなのが、

ほとんどの場合、この心理が
「無意識下」
で起こっていて、

自己肯定感の低さゆえに、
自分よりダメな男を周りに配備することで
相対的に自分の優秀さに安心感を得る

自分よりダメな男を助けられる自分 = 優秀

と錯覚する。

親のアドバイスは、ほぼ呪いの言葉。

人間の脳みそは
肯定文と否定文の区別がつかない。

大事なのでもう一度言う。

僕らの脳は
肯定語と否定語の区別が付かない
ので、

もし母親から、

「私のようにはならないでね」

なんて言われた日にゃ、

「私のようになってね」

と脳は混同する。

そして自分の中で唱える言葉にも、
否定と肯定の区別が付かない
から、

「お母さんのようにならない!」=「お母さんのようになる!」

と、
一生懸命自分で暗示をかけ続ける。

今の時点で僕が思う解決策は2つ

  1. とにかく親から愛情をもらった男と付き合う
  2. 日記を書いて自己対話 & 母方の家系を3世代にわたって年表を書く

当然ながら
①は、かなりガチャな要素が高い…笑

与えることが普通な男と
パートナーシップを続けることで、
「私って愛されていいんだ!」
と思えるまで癒してもらう。

他力で再現性はないけれど、
かなり救われる。

もう一つの②は、
「思考」は世代を超えて連鎖する

毒親も、
自分の親(=祖母)から
毒な対応を受けたかも知れない。

でもそれは

  • 戦争だったり
  • 貧困だったり
  • 男尊女卑だったり

様々な背景があっての毒な対応になってくる。

紙に親や祖母が生きた時代の年表を書き、
俯瞰して、客観的に、
彼女たちが生きた時代に想いを馳せ、

「そりゃ、こうもなるわなぁ…」

と、
共感することが出来たなら、
その時あなたのステージが親よりも上がる

「母さんもよく頑張ったなぁ…」

と思えたなら、

親への憎しみや反発のフェーズから、
許しのフェーズが始まり、

自分なんか幸せになれないんだ!

から

自分は幸せになっていいんだ!
の許可が始まる。

若手のダメな院長先生に尽くすDH

このメカニズムを知っておくことで
自分の身を守ろう!

が、今日言いたかったことで、

とにかく、
「医療職」を選ぶような人は
そもそも根が優しい。

しかも長女とかだったら、

「お姉ちゃんなんだからしっかりしなさい!」

なんて育てられて無駄に我慢強く、
自己犠牲の精神が立派に育つ。

もしあなたの仕える30代や若手の院長先生が、

  • 言葉と行動の一貫性が無かったり
  • いざと言う時に身をていして
    誰かを守ろうとする気概が無かったり
  • 患者さんへの献身性や
    治療技術や経営マネジメント力など、
    何かしらの領域で圧倒的な甲斐性を
    作る為の自己投資をしていない

いわゆるダメ院長っぽいなら、

断言して、
その人は20年後も同じことを
壊れたラジオのように言い続けているから、

今すぐその場所から離れよう
((`・∀・´)) b

男なんて35おkuっ、

違った。

歯科医院なんて6万8千もあるんだから。

では。

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる