努力に逃げるな。

From:代表のあらい

HANOWAラジオで、
チラッと

『GX -伝説のキャバ嬢が女の子を大改革』

というのを取り上げたら、
チラホラこれに関してのコメントがありました。

(え、そんなに流行ってるの?)

と少し焦って僕も先日やっと拝見しました。

目次

感想としては、、、

ん〜〜〜…………

というのが正直なところです。

ところで、
この番組に登場する、
売れないキャバ嬢をプロデュースする
伝説のキャバ嬢、エンリケさん。

ある日テレビで拝見して
人柄や努力量も素晴らしく、
そりゃトップになるよなぁと思いました。
引退前に一度(そんなに高いボトルいれれませんが)
飲みに行きたかったなと思った次第です。

あまり僕が刺さらなかった理由ですが、

ちょっと苦しむ人が増えちゃう

ように思ったんです。

前提として、
僕らは日々
大量の情報に接していますが、
これらの情報のほぼ9割以上は
企業によるマーケティングです。

あるいは、
売り手にとって都合の良い情報を、
僕たちはさも一般的な情報と錯覚して
キャッチしています。

この情報の多くは、

  1. あなたにはココが足りない。
  2. だからこれを買って変わりなさい。

この2つに集約されます。

自分には足りないものがある。だから変わらないと幸せになれない。

こんな集団催眠にかけられているのが、
現代の日本人だと思います。

頑張って、
努力して、
変わらないと、
幸せになれない。

認めてもらえない。

愛してもらえない。

——こんな社会ってどう思いますか?

この番組で流れるメッセージは、

「人はいつでも変われる」
「1番になれないのは、努力が足りない」

といったものです。
(そして何故か滝に打たれて精神を鍛える描写も…)

努力や頑張りが必要な時点で何かが間違ってる

人が何か偉大なことを為すなら、
それは強みを発揮した時に他ならない。
弱みはいくら補っても平凡にすらならない。

って、僕の大好きな
ピータードラッカー先生も言ってます。

みんな前提として、

自分は足りてない、
このままじゃ役に立てない、
変わらないといけない、
頑張らないといけない、
努力しないといけない、、、

と、思い込み過ぎてませんか?

何も誰もがキャバクラで
No.1にならなくても良いと思います。

頑張って化粧品販売や、生命保険の販売で
1位になれるものでもないでしょう。

なった人は必ずこう言います。

私でもできたんだから、
きっとあなたもできる。

でもこれって、
N=1
の意見です。
何のエビデンスもないし、
だいたいが「運」を「自分の努力」だと
勘違いしてます。

生存者のバイアスに騙されないでください。

大切なことは、
自分の強みを活かすこと。

強みが活かせる場所を見つける為に、
どんどんジョブホッピングしても良いです。
それは決して「逃げ」ではありません。

想像できないでしょうが、
驚くほどいつもあなたが自然にやってることが
誰かにとってありがたがられる瞬間

というのが必ずあります。

それを見つけるまで、
様々なフィールドに飛び込んでみてください。

勝てないフィールドで努力し続けることを、
僕は努力とは呼ばないと思います。
それは単なる思考停止です。
努力してる風な「逃げ」はやめましょう。

必ずあなたが
あなたのままで受け止めてもらえる、
感謝してもらえる、
誰かの役に立つ方法はあります。

自分の強みを活かせば必ずそれは叶います

あなたの強みを見つけて、
その強みを活かせるフィールドに自分を置き、
弱みを補ってくれる仲間を見つけましょう。

あなたはすでに全部持ってます。

何も足りないものなんてないし、
そのままで十分だし、
自分以外の何かに変わる必要なんてありません。

今持っている素晴らしい強みを
活かす道を考えましょう。

では

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる