歯科衛生士の業務範囲外を指示する院長を見つけたら…。

歯科衛生士の業務範囲外を指示する院長を見つけたら…。

From:代表のあらい

毎年一定数は、、、

目次

逮捕される歯科医師と歯科衛生士

がいます。

最近ではこんなのや、
▼「歯科衛生士法違反 理事に罰金50万円 浜松簡裁」

こんなのも
▼「留守の治療は衛生士 歯科医ら歯科医師法違反容疑で逮捕」

話題にあがりましたね。

歯科助手にタービン持たせて削らせたって…
本当論外です。

以前僕の方で、
こんな記事を書かせて頂きました。

「こんなケースを見つけたら、
必ず通報して欲しい」といった
お願いです。

これもし仮に、

あなたが被害者じゃなくても・・・

パートナーのあなたが行った先で、
院内の既存の歯科助手や
既存の歯科衛生士が、
やっちゃいけないことを
やっているのを
目にしたら、

それも必ず通報してくださいm(_ _ )m
 
面倒かも知れません。

あいつ、
通報しやがったな

と相手に思われるかも知れません。

その点は、
可能な限り配慮して公表するよう
相談させて頂きます。

人材不足が慢性化するから、、、

人手が足りなくて回らなくて、、、
仕方なくて、、、

なんて言う院長は、
だいたいが論理のすり替えです。

なぜ忙しいのか?
なぜ人がいないのか?

きちんと自分が
経営に取り組んでこなかった
言い訳でしかありません

人が足りないのではなく、
定着してもらえる努力を怠ってきた
結果でしかない
のです。

目をつむった方が短期的な利益

に繋がると思ってしまうことも
あるかも知れません。

例えば、
雇われている時、

院長からサラッと

レントゲン撮っといて

と言われて、

ダメですよね?!

と正直に返答をした。

それによって、自分の立場が悪くなる。

そうなるぐらいなら、
短期的な利益を取るために
出来心で、、、

なんてあり得ません!

絶対にダメです。
ダメなものはダメです。

結局、
その院長先生の
「自分が楽したいから」
という気持ちに乗ってしまって、
道連れに逮捕されて
歯科衛生士免許が剥奪されるのは、
ほかでもないあなた
です。

例えばHANOWAでも、
禁止事項であるにも関わらず、
「自分が払うお金を安くしたいから」
という安易な気持ちで、

直接働いてよ。
ちょっと時給高くするからさ。

なんて言葉に乗ってしまって、
せっかく積み上げてきたアリガトウに
ネガティブな評価がついて、
今後の仕事に悪影響を及ぼすのは、
ほかでもないあなたなのです。

院長の悪事に乗ったあなたは被害者か?

いいえ違います。

20歳を超えた立派な成人が
悪事に手を染めたら、
それは紛れもなくあなたの責任です。

歯科衛生士は
医師の指導の下しか働けません。
医師の指導に従った結果、
自分の責任?

悔しいと思います。
理不尽だと思います。

でも、
いつまでも被害者マインドが抜けないなら、
いつまでも自由になることはできません。

本当の意味での自由は、
責任を伴います。

責任を負うから、人は初めて自由になります。

出来る業務は指導の下。
働いた悪事は全て自己責任。

厳しいかも知れませんが、
これぐらいのスタンスでいることが、
必ずあなたの身を守ることに
繋がると思います。

悔しいかも知れません。

でもぜひ、
ご理解頂けることを願ってます。

では

あらい

歯科衛生士の業務範囲外を指示する院長を見つけたら…。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる