独立する前に成果報酬で働いてみる!

独立する前に成果報酬で働いてみる!

From:代表のあらい

前回、下記のコラムで
あまり筋が良くないな〜
と思う話をさせて頂きました。

ある程度ザックリでもいいので
計算してみて欲しいのですが、
テレビとかに出て業界を賑わせた、
年商数億とかって言ってる
サロン経営している方いますよね?

あれ、本当に
ホワイトニングやデンタルエステ、
それだけ行ってると思います?

まだまだ研修事業の方が
大きいと思うんですよね。

引き続き、今日も
歯科衛生士の独立開業について。

目次

成果報酬から入ってみる

絶対オススメなのが、

  • 独立したい
  • フリーランスになってみたい

と思うのであれば、

転職の際や
今の院長先生に対して、

私の固定給はゼロでいいです。
その代わり、稼いだ売上の25%にしてくれませんか?

と打診してみることです。

細かな仕組みとして、
・毎月にするのか
・半期で概算するのか
などはあるでしょうが、

この成果報酬がいいのは、

・数字感覚
・時間単価

この2つの概念が、
固定で雇われるよりも断然身につきます

女性こそ、滑らかな働き方にこそ、成果報酬がいい。

「数字感覚」って、
仮に売上の25%の成果報酬にするなら、
30万円/月欲しいとすると
毎月120万円売上げることになります。

ざっくり
メンテナンス1回1万円と考えれば、
20診療日で平均6名/日です。

リコールが3ヶ月サイクルなら、
あなたに紐づく患者さんが
年間360名いれば、
理論上は
毎月30万円を維持し続けることが出来ます。

年間の売上規模で
1,440万円を稼ぐ水準です。

.
.
.

↑これ、
ついて来れますか?
 
もしついて来れないなら、
絶対まだ商売は始めない方がいいです。

折しもですが、
サンプルであげた
上記の年商1,440万円で
月収30万円

おそらく、院長に
チェアや設備や備品や内装、
Webサイトの制作や維持、
新規患者の提供やそのほか
水道光熱費や通信費 etc…

まるっと世話を見てもらえながら
1人で1,440万円すら稼げないなら、
独立できる水準とは言えないでしょうね。

安定と不自由はトレード関係にある。

成果報酬にすると、
もう一つの「時間単価」という概念も
意識し始めることになります。

上記のように
月収30万円を最低ラインとして、
20診療日の1日ノルマが6名なら、
6時間で終わらせると時給1万円
3時間で終わらせると時給2万円
みることが出来るようになります。

まぁ単なる数字遊びですが、
成果報酬25%でうまくやるなら、
1日3時間・月20診療日で
30万円も実現できなくはないわけです。

私だけ3時間で帰ってもいいのかな…

みんな洗い物してるのに…

いいんです。

だって売上の75%は
医院に上納金を納めてますので。
あなたはショバ代を払ってます。

その75%で
どんな労務環境を作るのかを考えるのは、
経営者の仕事です。

少なくとも僕だったら、
1日3時間だけで6人見てくれて
毎月120万円稼いでくれて、
30万円だけで
ボーナスも考えなくていい人材なら、
経営者として願ったり叶ったりです。

月に300万円稼いでくれたら、
75万円でも喜んでお支払いします

3時間だけ働くなら、
残りの21時間は自分の好きなことが出来ます。

でもそれって安定しないしな…

ほな、独立すんのも辞めなはれ…。

安定は欲しい。
でも自由も欲しい。

なんてのは
そもそも無理な相談です。。。
子どもじゃないんだから。。。

実際に
この成果報酬の25%というのは、
私のよく知る院長先生も
導入しておられます。

シビアな仕組みかも知れませんが、
自分で開業するよりかは優しい

温室環境です。

でもなんででしょうね笑

成果報酬の方が
サバイバルな感じがして、
独立開業の方が
キラキラワクワクするのは、
人生の大いなる勘違いの一つ
かも知れませんね。

では

あらい

独立する前に成果報酬で働いてみる!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる