HANOWA内での研修の営業について

From:代表のあらい

目次

HANOWA本社のある

天満のひとつ隣の駅が
「桜ノ宮」と言いまして、
今朝散歩をしたら、文字通り
満開でした。

僕は4月生まれだからか、
春が大好きなんですよね〜。

あと数日だけ楽しめればなぁ
と思います。

さて。

自己中な人というのはどこの世界にもいまして

自分が自己中だと
気づいていないケースもあります。

歯科衛生士は職種の性質上、
独立して働くということが
制限されているため、

社会通念上、
標準的な商習慣

(難しいので言い換えると)

自分が商売をする時の
社会での隠れたマナーやルール

を知る機会がほぼありません。

でも、コレをやると
確実に残念なビジネスマンになる
という地雷はいくつかあります。

HANOWA内でも実在する、
残念なユーザーの例を
愛を持って紹介させて頂きますね。

自分の研修を、HANOWAに登録する先生に販売したい。

いるんですよねぇ。。

一応共有しますと、
将来的には

臨床を手伝ってくれる
歯科衛生士と出会える
『HANOWA』

院内研修をしてくれる
歯科衛生士と出会える
『HANOWA PRO (仮)

みたいな棲み分けはしたいなと、
僕の中ではずっと
思っていることではあります。

そういった未来は
イメージにはあるのですが、
そうは言っても、
現在HANOWAに登録する
院長先生たちの属性は、
あくまで——

「臨床現場を手伝ってほしい」

なのです。

それを、
何を勘違いしてか、

プロフィールからガンガン、
研修しか受け付けていません

とやっちゃうと、
場違いになります。

今はトップページに
タイムライン(掲示板)があるので、
以前はそこにわざわざ

「こんな研修をやってますので、
 ご興味があればお問い合わせください。」

とやる人までいました。

これ、
何が痛いかというと、
想像力が全くないんですよね。

自分が売りたいものを売りたい。

それだけになってます。

相手が何を欲しいか?

から発想がスタートしていません。

give & take

ここら辺は
自己啓発系のセミナーだと、

give & given (与えて、与えられる) だぁ!

とか、

give & give & give (与えて与えて与えるん) だぁ!!

とか
言葉遊びが流行ってるんですが、
シャラくさいので僕は
「give & take」
と言いますね。

順番は

① give
&
② take

です。

まずは①与えて
それから②受け取る
です。

なんか、
こんな話をする時点で僕は今
恥ずかしいです。

HANOWAに登録する
パートナーDHのほとんどが、
こんなにアホだなんて
僕は思ってません。

ただ、
一部のアホのために、

自分のことばっかり考えてちゃダメだよ?
相手がどんなことをして欲しいのか想像しようね?
まずは与えようね?

なんて、幼稚園じゃないんだから、
そこから改まって
言わなきゃならんのかと思うと…
正直、情けないです。

うまく使えば良いのに、、、。

「研修しかやってません」

ってプロフに書いて、
あまり誰からも
相手にされていない人がいますが、

本当に実力があるんだったら、
まずは可愛く時給を1,700円とかに設定して、

いろんな医院で
まずは自分が本当に有用であることを、
現場で、実地で、腕っぷしで、
証明すれば良いのに。。。

その上で

どうしても既存のスタッフにも伝授して欲しい。

と声がかかったら、

本来は、一回の研修でコレぐらい頂いているんです…。

HANOWAでも、こういった利用の仕方が合ってるのか確認が必要ですし…。

なんてその場は適当に答えておいて、
僕らに相談してくれりゃ
いいじゃないですか。

実際に現場で役に立って
院長も懇願してて、
本当に登録院長のお役に立てるんだったら、
僕らが応援しないわけがありません。

そんな風にやっても良いなんて知りませんでした。

とか、このブログを読んで
次にはどうせ思うんでしょ?

じゃ僕らに聞けよ、って話です。

その時点でビジネスマンとして
イケてないんですよ、あなたは。

いいですか?

社会に出ると、
学校のテストみたいに、

何か唯一絶対の答えが
どこかにあるわけではありません。

社会に出たら、
“人のお役に立つ” という
原則を踏まえるのであれば、
ルールは双方の同意で
一緒に作ることが出来ます。

最適解は
人から与えられるものではありません。

自分と相手との間で、
共にルールを作っていくんです。

最適解は、
自分の働きかけによって
生み出すんです。

「自分はこれをやりたい」
「自分はこれを売りたい」

とばっかり言ってるだけで
待ってばかりいる人に、
自分の「居場所」を作ることなんて
できません。

厳しいことを
言ってるかも知れませんが、
僕は、HANOWAを
皆さんにとっての踏み台にして欲しい

と思っています。

自分の人生を生きるための踏み台にして、
精一杯輝いて欲しいと思っています。

だから、
うまく使ってください。

自分のことだけしか考えない
クレクレ星人になるのではなく、

HANOWAを使って、
より多くの院長先生、
より多くの患者さんの役に立つことで、
ご自身の歯科衛生士人生を
より輝かせて欲しいと思ってます。

そのために僕は踏まれたいんです。
(隠れドM)

ええ。
もっと踏んでくださいm(_ _ )m

お願いしますね。
(何をや)

では

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる