HANOWAの院長先生から連絡先を聞かれたら…?

From:代表のあらい

最近増えてるご質問でして…

目次

連絡先交換の是非

もう一度整理すると、
HANOWAは派遣ではありません。

そして、厳密には
『業務委託』でもありません。

委託(イタク)って、
字を分解すると・・・

委ねて
託す

わけですが、

じゃぁ歯科医師の院長先生が、
メンテナンスの患者さんを
パートナーDHに委ねて
託していいのかというと、、
んなわけありません。

歯科衛生士法第二条

医師の指導の下

↑とある以上、
どんな時も
歯科衛生士が臨床現場で行った
全ての責任を負うのは、
現場にいる医師です。

委ねて託して、
歯科衛生士が独自の判断を行って
いいわけではありません。

日々雇用

建築業界とかでは
よく使われる言葉に、
『日々紹介』
と言われるものがあります。

その日1日だけ、
紹介業者が勤務先を紹介するやつです。

HANOWAもそれです。

ということは、
HANOWAを使って働くとき、
その日1日は
登録医院と簡易な雇用契約を結ぶ。

というのが
HANOWAを使う建前なのです。

日本では普通に雇用の現場では、
勤務する前の面接時に
「履歴書」
を提出するわけですが、

HANOWAとしては、
プロフィール画面を充実させることで
それ自体は省略しても良いのではないか
と考えています。

が、最終最後は
その登録医院の考え方によります

勤務予定先の院長先生が
「うちは履歴書が必要なんです」
と言われれば
持って行く方がいいでしょう。

「HANOWAの院長先生に電話番号を聞かれたのですが、教えてもいいんですか?」

最近こういったご質問が
増えているのですが、
前述の基本に立ち返ると、

普通は
その医院で働く際、
履歴書を通じて

  • 過去の経歴
  • 住所
  • 緊急連絡先

などの個人情報は、
先に院長先生に預けるはずです。

その流れでいくと、
何かがあった時のことを考えて、
初回の「30分お試しマッチング」のときに
緊急連絡先を交換しておくことは、
なんら不自然な行為ではないと言えます。

ただし、直接取引はダメ。ゼッタイ。

ここは明確に
線引きしておいて欲しいのですが、

緊急時の連絡先交換は、
働く上での電車の遅延や
急な発熱など、
トラブルに対処するため
僕らとしてはむしろ推奨です。

かと言って、
その交換された連絡先で直接
HANOWAを介さない勤務を
推奨するものではありません

直接取引の禁止

実際にそうかは別として、
なんというか、
マッチングアプリで出会った男に
「LINE教えてよ」
と言われるのと、

HANOWAを通じて
院長先生から、
「緊急連絡先を教えておいて」
と言われるのは、

似て非なるものです。
(僕は似てないと思うのですが…)

ただ、これもなんというか、
連絡先の聞き方が下手くそな男
っていますよね。

院長先生としては、

当日本当に
勤務してくれるのかな…
心配だな…
その日の朝に連絡つかなくて
来なかったらどうしよう…。

と、ただ純粋に
心配しているだけなのに、

パートナーDHさんからは、

え?携帯?なんで?
直接取引したいってこと?
何言ってるの?
バレたら両方ヤバイこと
知らないの??

と思われるような
ギャップがあったり。

こーいうのは、

  • スマートに
  • ビシッ!と
  • イヤらしくなく
  • サラッと
  • 当然のごとく

言い切らなくちゃね〜…。

なんか負い目っぽい感情を
引きずりながら尋ねると、
相手にも伝わりますから。

最後は何の話やねん。
って感じですが、
まぁそーゆうことです。

では

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる