今の院長先生とSNS世代のジェネレーションギャップについて

のアイコン画像

From:代表のあらい

昨日のHANOWAチャンネルの収録で、
「メッセージ返信するかどうか問題」
について取り上げました。
(公開は再来週くらいかな)

目次

メッセージ返信するかどうか問題

これは何かというと・・・

今のHANOWA上では、僕らは
新規の院長先生のご登録があったら、

近隣のパートナーDH数名に“ご挨拶メール”を送りましょう

とお伝えするわけです。

すると、

一定%、返信をしないパートナーDHがいる

これが問題かどうかは微妙なところで……。
ちなみにナビゲーターのわだやんは

わだやんのアイコン画像わだやん

私は返事します。
だって、院長先生もお忙しいなか、労力を使って送ってくださっているわけですし……。

と。
なんか好感度上げようとしてるのかなぁ笑

と、そんな回答でした。

ただこれ、
僕も1987年生まれで
高校生からmixiやってて、
今でもFacebookで
知らないどこかの業者さんが
売り込みのDMを送ってきたら、

「なんで勝手に送りつけてきてて、返事する義務があるねん」

と思います。

何となくですが
僕よりさらに若い世代からしたら、
リアルで繋がったこともない人から
突然「お願い」のメッセージが来て、
興味のない案件だったら無視するのも
感覚としては分かります。

マッチングアプリ開いて
大量に来る性欲オバケ全員に
律儀に返信する義務はねぇよ。

と言うか。。

まぁ、
院長先生からの切実なお願いは
↑上記と一線を画すものでしょうが、
無視する側の世代背景みたいなのは
何となくわかる気がします。

それと、今の時期は
アクティブにHANOWAを使える状況
じゃない場合もあります。

妊娠中とかであれば、

「ただいま休眠中」

みたいなステータスを表示できる
Or
プロフそのものを非表示にする

などの機能も実装が必要でしょう。

50代以上の院長には感覚が理解できない

サポートしてる僕ら裏側の声ですが、
とても説明に苦慮する部分が

何でこっちがメッセージ送ってるのに、返さない人がいるの?

と院長先生から問われたときです。

1名のみならず、
これまで何名かおられました。

たぶん
心境を慮る(おもんぱかる)に、

なんで

  • 目上で
  • 同じ地域で
  • 院長をやってて
  • ドクターの自分が挨拶してるのに
  • 若い
  • 歯科衛生士の

向こうは「無視」なんてするんだろう。

彼らが↑を口にすることはありませんが、
無意識・潜在意識で思っていても
仕方がないなぁと、僕も思います。

(ただ僕の持論では、
 経営者と労働者は対等なので、
 上記の発想はオコガマシイのですが。)

本当こういうときに、
もっと若い頃に
女遊びしときゃよかったのに……

と思うのですが、

医者って生き物は、まぁとにかく
「断られること」に対する

免疫が弱いんですよね。

(免疫が「弱い」と表現するかは知りませんが)

テレアポ営業とか
ストリートナンパとかすれば、
とても簡単に自尊心を
ズタズタにすることができます。

そこから人は、
「どうやったら人に動いてもらえるか?」
「追いかけるのではなく、どうやったら追いかけられる存在になれるのか?」

などと
思考を巡らせることができるのですが、
ストレートに卒業すれば
24、25歳の初就職のときから、
スタッフや患者さんに
「先生」
と呼ばれちゃうわけです。

勘違いしない方が無理です。

そんな人生を
そこからさらに20年続ければ、

「なんで俺が挨拶してるのに
 メッセージの返信しないの?」

という怪物が育っても
仕方がありません。

まぁ社長として、どうして欲しいとかもないのですが。。。

なんというか、
ここまで書いてて

だから皆、院長からメッセージが来たら返してあげてね

と、お願いするつもりもないんですよね笑
(ないんかーい)

っていうか、
HANOWAというプラットフォームは
院長を甘やかすものでもなく、

これまで風通しが悪くて、
院長にフィードバックが届かなかった
業界構造にメスを入れて、
自由競争を激化させる側面もある
と思ってます。

本当に強い、
スタッフから愛される経営者に
なってもらおうと思ったら、

何度も痛い目にあってもらい、
傷ついて、
自分は無力だということに自覚いただき、
人の助けがなければ何もできない謙虚さに
気づいていただきたいわけですよ、私は。

だから、お金もらってるのに
院長たちを崖から突き落とすわけです 笑

何様の分際か知りませんがね 笑

ただまぁ、
今のSNSスマホ世代と
中年以降の院長世代との間には、
こんなジェネレーションギャップも
あるんだなぁ……と、
これを読んだあなたは
頭の片隅に置いといていただければ
幸いです^^

では。

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる