HANOWAでゆりかごから墓場まで

のアイコン画像

From:代表のあらい

HANOWA上で、
単発のお仕事から常勤パートの紹介まで
カバーすることになって、
なんだか

「歯科業界の総合人材プラットフォーム」

的な構想が膨らみ続けています。

目次

歯科衛生士専門学校のとき

今はまだやっていませんが、

こんな感じで、
医院のアリガトウ
裏アリガトウ
(=HANOWA独自に収集している匿名の医院の口コミ情報)


全国各地の歯科衛生士専門学校に解放すれば、
どこが実習先として魅力的な医院なのかの
情報も共有できるはずです。

今でも、実習先で理不尽な思いをする
歯科衛生士の卵さんがたくさんいることは
耳にします。

もちろん社会に出れば
もっと理不尽なことは多いのですが、
ホント、
やらなくて良いことは
やらなくて良いと思うんですよね。

合理的でない
バカげたことをやらされて、
社会に出る前から
歯科衛生士の仕事が嫌いになるようなことが
ない社会にしたいものです。

就職のとき

やっぱり
歯科衛生士人生を大きく左右するのって、
20代にどこで働いたか?
は大きいんじゃないかと思います。

これを言っちゃ
元も子もないけれど、

『好きなことをして生きる』

なんて言葉は、
20代に死ぬほど働いた
積み上げがある人にのみ許された言葉で、
易きに流れてその日暮らしをしてた人たちに
叶えられるものではないと思います。

40代の転職活動で、

頑張るので教えてください。

と言う人がいたら、
残念ですが相当きついです。

本来であれば
教える側に立つべきタイミングなので。

かたや一方で、
人は何歳からでも変われると僕は信じています。
相当の根性とリキがあれば。

HANOWAも
『滑らかな働き方を通じた自己実現』
を目指す会社ですが、
そこで一人ひとりが輝けるかどうかは、
最後はその人の努力ですよね。

話がそれましたが、
そうは言ってもキャリアにおいて
20代の時間というのは、
やっぱりとても価値があるものです。

その時期に
良質のインプットができるかどうか?は、
HANOWAのアリガトウなどを参考に
素敵な医院と出会ってほしいなと思います。

出産のあと

1年ほど臨床現場を離れ、
現場感覚を取り戻したい。

でも常勤やパートは
家庭の事情でむずかしいし、
自信もまだないから、
週1日アシスタントから…
なんて都合の良い場所ないかな。

そんな方も
HANOWAですぐに働く場所が見つかります。

言い方は悪いですが、

スキルはなくても良いんだけど、とりあえずDHのライセンスある人がいれば助かる。

というシチュエーションは結構あります。

お互いのニーズが合うので
ぜひHANOWAをご利用ください。

扶養控除から雇用保険へ…

年間所得130万円を超えてしまうと
扶養控除の枠を超えてしまい、
健康保険や厚生年金が発生します。

例えば
この期間はHANOWAでスポットワークを重ね、
タイミング的に、

  • 130万円を超えても問題ない
  • 雇用保険に入りたい(=週20時間以上どこかの医院で働く)

となった頃合いに、
HANOWAで出会った素敵な医院に、
パート契約の打診をしてもいいかも知れません。

子どもが手を離れた

アラフォーになってくると、
どんどん子どもは手も掛からなく
なってくるかと思います。

その頃には正社員復帰も考え、
HANOWA上の正社員で募集する医院に
転職してもいいでしょう。

うん。
やっぱり自分で書いてても、
とてもいいサービスな気がしてきました。笑

常勤やパートの紹介って、
僕自身が昔、人材紹介会社を使ってた時の
イメージがもう悪くて…w

あんな連中と一緒になりたくない。

という得体の知れない嫌悪感があったため、
ちょっと遠回りしちゃったんだろうなと思います。

HANOWAを通じて、
実習生から引退まで。

快適な歯科衛生士人生を楽しんで頂けるように、
サービスを強化していきたいものです。

では

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる