【第二話】近隣の歯科医院に送るメッセージのサンプル

のアイコン画像

From:代表のあらい

パートナーDHへ向けた、
HANOWA使い方ガイド、
第二話目です!

実際に院長先生に送るメッセージのサンプルですね。

==========
第一話
登録して初めにやることTOP3

第二話
近隣の歯科医院に送るメッセージのサンプル

第三話
HANOWAをうまく活用しているパートナーDHの事例
==========

まずは
相手の院長がどんな状況なのかなど、
周辺情報が入ってくると、
どんな文章を書けばいいのか見えてくるはずです。

それでは行ってみましょう!

目次

なぜパートナーDHからご挨拶メールを送った方がいいの?

もちろんこれは、
あなたが
現在フルタイムで勤務中
ですとか、
育休中ですとかだと
状況は変わります。

でも、

HANOWAを本格的に使い始めたいなぁ。

と思う1〜2ヶ月くらい前、
なるべく早い目から、
近隣の登録医院に対して
ご挨拶活動を始めるのはとても効果的です。

その理由は、

  1. 時間をかけて打ち合わせした方がミスマッチが少ない
  2. 院長先生はとても忙しい

大きくこの2つの理由があります。

①時間をかけた方がミスマッチが少ない

前回

「30分お試しマッチング」
については解説しました。

双方が同意すれば、
30分程度の見学や打ち合わせを、
手当と交通費を受け取りながら
できる文化です。

HANOWAは、
歯科衛生士の隙間時間を活用して
自由に働けるプラットフォームですが、

そうは言っても、
初回の「初めまして」の医院では、
モノの場所や
メインテナンスの時間、
求められる処置の内容や
その地域の患者層など、

ある程度打ち合わせをしておかないと、
最初は心配なはずです。

可能ならば、
登録後の早い段階で
近隣の歯科医院にはメッセージを送り、
「お試しマッチング」か
見学を希望し、
どんな流れなのか?
などを把握しておき、

いざ
先生から「来てもらえませんか?」
と連絡が来た時や、
自分から「働きたい」
と思った時のために、
準備を整えておくのは非常に効果的です。

この準備なしに、
初めましてからいきなり
8時間働くことになって、
なんだか初日から
パフォーマンスを発揮できず、
お互い気まずくなって
微妙なアリガトウが書かれてしまい、
ご近所なのに疎遠になってしまう…。

そんなシナリオは嫌ですよね?

入念な準備を心がけてみてください。

②院長先生はとても忙しい

入念に準備をしておいた方がいいのは、
院長先生も同じです。

日本のほぼ全ての院長先生が、

いつスタッフが寿退職するのか…
いつスタッフのお子さんが熱を出すのか…

先が読めない中で
なんとか経営を頑張っています。

いろんなリスクに対応できるように、
HANOWAの院長は
可能な限り地域の歯科衛生士さんと
ご挨拶をしておいて、
肝心な時に助けて欲しいと思っています。

しかし、やっぱり
日々の治療や労務、お金、集患など、
たくさんのことを考えなきゃなりません。

やらなくちゃいけないって分かってるのに、
スタッフが帰った19時以降はもう
体力もヘロヘロ。。

そんな中、
返事がくるかも
来てくれるかどうか分からない
パートナーDHさんにご挨拶活動するのも、
大事とは分かっていても骨が折れるものです。

そんな時に、
HANOWA上で
近所の歯科衛生士から

興味があるので見学に行けませんか?

なんてメールが来たら、
とてもとても助かります。

さらにその時に、
丁寧なメッセージがもらえると、
会う前から第一印象がとても良くなります。

メッセージサンプル

そんな背景を踏まえて、

すでに活躍している
先輩パートナーDHたちが
送っているメッセージの
サンプルです。

状況に応じて
カスタマイズしてみてくださいね。

はじめまして、
◯◯地域で今回初めてHANOWAに登録しました
◯◯と申します。

先生の医院では直近で歯科衛生士の人手不足など
ございませんでしょうか?

もしございましたら、
近く「30分お試しマッチング」でご見学や、
勤務に際しての打ち合わせなどは可能でしょうか?

今はご不要でも、
近所ですので何かのタイミングで
お力になれるかも知れません。

ご興味がございましたら
ご連絡お待ちしております。

無難なのが上記のような形で、
これに多少、ご自身の経歴など、
追加してみてもいいかもしれません。

さらに余力があれば、

先生のホームページの
◯◯なところが興味を持ちました。

なんて、
相手をリサーチした形跡でもあると、
院長先生もなんだか
嬉しくなっちゃうものです。

登録後は、このようなメッセージを
近隣で10通くらい送ってみて、
3〜4院の見学に出向き、
2〜3院の自由に出入りする
HANOWA歯科医院が手元にあれば、
今後の選択肢がとても広がるはずです。

ぜひトライしてみてください。

今回はここまでです。

次回は
すでにHANOWAを活用されている、
パートナーDHの上手な使い方を
ご紹介します。

こちらも
ぜひご確認ください。

では。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる