これから何か始めようとする歯科衛生士さんへ

のアイコン画像

From:代表のあらい

目次

誰かの時間を買うということ

今日、わだやんと打ち合わせしてて
なんか色々と思うことがあったので、
このテーマにします。

わだやんは、HANOWAの
インタビュー動画を作ってくれている
パートナ歯科衛生士でもあり、
動画クリエイター
です。

▼中原先生
▼Akiさん

僕は最近、
自分のプライベートでもビジネスでも、

「最近の買い物で良かったものは何ですか?」

と聞かれたら

わだやんと吉田さん!

吉田さんは、わだやんと同じくHANOWAで仕事してくれてるインタビューライター)

と即答できるぐらい、
彼女たちの時間を買ったこと
(彼女たちに仕事を依頼したこと)は
良かったと思ってます。

自分で決めて動く

「何か色々やりたい。」
「このまま終わりたくない。」

と思って、
フツフツと内なる闘志を抱きながら働く
20代後半やアラサーの有資格者の知り合いが、
何人かいます。

(なぜか不思議と、看護師や歯科衛生士、管理栄養士に多い…)

ただ、そういった闘志や野心、
夢や理想を抱きながらも、

実際に行動を起こす人は本当に少ないです。

僕の場合、
サラリーマンを辞めて
個人事業主を始めたのが27歳なので、

一応それなりに、

「どうやったら起業できるんですか?」


コレ系の質問は、
かれこれここ5〜6年は
年に数10件ペースでお答えしてきました。

もちろん自分なりの経験談ベースです。
でも、いくら
「こうやったらできるじゃん」
と言っても、

本当に動く人って
本当に少ない。

結局みんな、
自由に憧れるけれど
「憧れてる時」が一番気持ちよくて、
心の奥では
「誰かの指示通り生きてる方が楽」

なんだと思います。

自分で決めた瞬間から
責任が発生するし、

これまで飼いならされ続けた人からすれば、
責任を取ることも
自分で自分を律することも、
苦痛で仕方がない。

注:起業独立することが善だなんて思いません。僕はただ、社会不適合者だっただけです。

そんな中でも
いざ行動を起こし、
いくつかの選択肢を自分で見極め、

「自分には動画が合っているのでは?」

と、
仮説を立てて適切に訓練を重ね、
仮説を検証しながら

単なる動画屋さんではなく、
『歯科衛生士×動画』で何かできるんじゃなかろうか?

と売れるポジションを探し、
自分の頭で考え続けている。

これができる人って
驚くほど少ないんですよね。

(ちょっと褒め過ぎました。笑)

最強のアドバイス

で、内心でフツフツと

「何かやりたい」
「こんなもんじゃないはず」
「歯科衛生士として、もっとできることが何かあるはず」

こう思っている人へ、
たった1つだけ僕から
最強のアドバイスがあります。

昔はもっと
オフェンシブ(攻撃的)な
アドバイスだったのですが、
結局これに落ち着きました。

それが、

月収の10%を貯金できるように、生活水準を落とせ

です。

何事を成すにも、
まずはじめに必要なのは
「タネ銭」
なんですよね。

そしてこれは、
めちゃめちゃ地味過ぎる真実
であるがゆえに、

「コレを受ければ起業できるよ系セミナー」
では絶対に絶対に教えられません。

教えたら本当に独立しちゃうので、
リピーターにならなくなっちゃう…苦笑

意外と盲点なのですが、
サラリーマンとして
安定して収入を得ているときに
身につけるべきは、
お金の攻撃力よりも
お金の守備力
です。

お金って『力』なんです

月収の10%を10ヶ月間貯金すると、
「1ヶ月間は誰にも依存しないで済む自分」
を作ることができます。

読者のあなたは
まだよく分からないかも知れませんが、

いざと言う時に『断れる自分』を作る
ことは、とても大きな力になります。

この世の中、
何を見ていても
誰かのマーケティングに溢れています。

一歩間違えれば、

クレジットカード
→分割支払い
→リボの方が負担少ないじゃん
→慣れたら気付かぬうちに金額増大
→枠を使い切って更に高い金利へ
→いつの間にか夜の街へ…

なんて落とし穴が、
実はそこかしこにあります。

「何をするかは分からない。でも何かやりたい。」

そう思うあなたは、
まずは上記で挙げた
10%貯金にトライしてみて欲しいと思います。

過去にこれが出来なくて、
やらなくて良い失敗をたくさん重ねた
あらいより

では

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる