提示する時給が合わなかったら?

のアイコン画像

From:代表のあらい

目次

サイボ●ズの人事制度

こちらの企業をご存知ですか?

『グループウエア』という、
(ざっくりいうと)企業の社員同士の
コミュニケーションをより良くしたり、
生産性を高めるためのサービスを
開発している会社です。

法人ビジネス向けなので、
一般の個人の方で知ってる人は
少ないかも知れませんね。

代表の青野さんは、
結婚時に奥さまの姓を選択されて
名前が変わったことで、
銀行やクレジットカード、
ありとあらゆる書類の
名義変更で多大な損失を被り、

なんじゃこりゃァ!!!

と不条理に思って、
国に対して選択的夫婦別姓訴訟
起こした人でもあります。

転職する時の年収で働ける。

この会社の面白いところは、
社員の年収の決まり方です。

所属する社員は常に、
転職時の年収で働けるそうなのです。

具体例を挙げて解説すると・・・

年収550万円のあなたが
転職エージェントに登録し、
年収は600万円だと査定されたとします。

その事実を
勤務先であるサイボ●ズに申告すれば、
年収を600万円にして貰えるんです。

面白くないですか?

サイボ●ズからすれば、

転職するぐらいなら、その金額出すからウチでやれよ。

ってことなのでしょうか。

なので、実力があれば
20代で年収1,000万円のエンジニアもいれば、

シビアな話ではありますが、
40代になって年収が下がる社員もいるそうです。

自分の価値は市場が決める

前のコラムで、
「依頼が集まる歯科衛生士のモテスパイラル」
についてお話ししましたが、

まだマッチング実績がない人は、
とにかくご自身でメッセージを送り、
ひとまずは時給相場も地域水準に合わせて、
1度でも働いてみることが最善だと思います。

その上でリピートがあれば、
「手応えがあった」
ということ
でしょうから、

2〜3回目以降は、
ジリジリと50円〜100円ずつ
上げるなりすれば良いと思います。

どこかの値上げのタイミングで
リピートが止めば、そこが
今のあなたの市場価値なのかも知れません。。。

自由とは?

『自由』とは責任とリスクが伴うものです。

痛みを伴わない教訓に意味はなく、
挑戦をすれば、いつか傷つくこともあるでしょう。

「時給2,000円なければ困る」
「時給1,900円は欲しい」

などといった
ご希望はあるかも知れませんが、

時給1,500円以上でご依頼がなければ、
ひょっとしたらそれが
あなたの実力なのかも知れません。

切ないかも知れませんが、
まず現実を見ないことには何も始まりません

その上で、

「どうすれば自分の価値を高められるのか?」

ということを
冷静に考えて行動していくことが、
新しい道を拓く
のだと思います。

行動すれば次の現実

壁にぶつかるのは、
あなたが行動してる証拠だと思います^^

僕らは
どんどん行動するパートナーの
味方でありたいと思っています

あなたの挑戦を応援しています!

では

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはここをタップ!
目次
閉じる