女性スタッフを束ねる院長こそ必ず見るべき教材〜Niziプロジェクト〜

のアイコン画像

From:代表のあらい

訳あってこの週末めちゃめちゃ時間ができて

(PCR検査受けました。そして今日陰性報告きた!泣)

観たいと思ってたNizi projectを観まくってました。

目次

とりあえず主役はパク・ジニョン先生

朝のニュース番組でやってたのを少し観てた方はいませんか?

昔で言う、ASAYANのモーニング娘。みたいに、
アイドルのオーディションを兼ねたドキュメンタリーコーナーです。

まぁいろんな個性豊かなアイドルの卵たちが現れるのですが、
見所はとにかくこの人です。

このゴ●ラみたいな男、

パク・ジニョン=JYP。

僕もアイドルそこまで詳しくなかったですが、
彼自身が第一線で活躍する歌って踊る歌手であり、

Wonder Girls、
2PM、
Miss A、
TWICE、
Stray Kids、
ITZYなどの大物アイドルグループも輩出し、

(ご安心ください、僕もほとんど分かりません。。。)

自分で立ち上げた芸能事務所、
JYPエンターテイメントが、
ソウルで株式上場し日本円で
1,000億円以上の時価総額
筋金入りの経営者です。

圧巻のフィードバック力

彼のフィードバック力、
アイドルの卵たちを導く言葉がもう
圧巻過ぎます。

一つ一つのパフォーマンスを見た後、
その子がどれだけの努力をしたのか、
どんな工夫をしたのか、
どんな心持ちだったのか、
針の穴を通す様に全てを見透かして、

まず良かったところを褒めます。

(誰も見ていない…)

と思っていた部分が、
なぜかJYP先生には分かる。

その背景には、
JYP自身がアラフィフになっても、
ステージに立ち、歌って踊って、
毎日毎朝2時間音楽と筋トレを欠かさず行い、
誰よりも率先してやっているからこそ、
練習生たちの微妙な変化にも見抜けるのだと思います。

そこから生まれる説得力が、
ただ言って終わりではなく、
本当に相手を動かすフィードバックに
繋がるのだと思います。

人の成長とは。。

後半、26人から13人に絞られる訳ですが、

正直、

「この子選んで良かったの?」

と思う子も後半に進んでいたのですが、
適切に見抜かれた素材に、
適切な環境と、
本人のやる気スイッチとを掛け合わせると、

後半に、

「ほんまかいな」
と思うぐらい変わっちゃうんですよね。

「何であの時点で分かったの?」
と思わざるを得ません。

自分たちが、
『人材をみる』
と思っていた概念は、かなり浅いところだったんだと愕然とします。

真実、誠実、謙虚。

JYPエンターティメントのアイドルからは、
韓国国内でほぼスキャンダルの話が出てこない様です。

それも主催のJYP自身が、
自分たちの掲げる価値観として
「真実」をあげており、

「カメラの無いところでしか出来ないことはするな」

と厳しく戒めているからです。

理念を掲げ、
それにあった人材を集める。

マネジメントの最初のアクションを
忠実に行なっている様子も見て取れます。

今無料で見れる、
経営者にとっての最高の教材だと思います。

ちょっとずつでもいいので、ぜひご参考にしてみてください。

では

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる