直接取引発覚時の対応

のアイコン画像

From:代表のあらい

目次

ある日届いたLINE。

まったく気が進まないアナウンスでも、
パートナーDHから
こんなLINEでの連絡が来たら
周知せざるを得ない。

現在調査中であるも、
片方(パートナーDH)からの発言では、
明確に
「HANOWAを介さない、直接的な取引」
の示唆ととれます。

もちろん、
双方のミスコミュニケーションもあるでしょう。

再度、直接取引発覚時のペナルティを周知しますと

HANOWAを利用になる院長先生方は皆、

電子契約書に署名するのですが、
その全15条ある中の第8条に

「第8条 無断での直接取引の禁止」

という項目があります。

改めてよく読んでおいてください。

まぁ、こういった
マッチングプラットフォームを運営するにあたって、
投資家から質問される項目はある程度決まってて、

ニワトリタマゴ問題をどうするか?

中抜きをどう対処するか?

がトップ1&2です。

この中抜き対処は色々と考えてきましたが、
上記の「契約書で縛る方法」と、
もう一つが下記の
「レビューの評価を著しく下げる方法」
です。

ある意味
僕らはプラットフォーマーなので、
僕らがルールです。

もし僕らのルールを破った場合、
その歯科医院のプロフィールに掲載する
レビューの評価を著しく下げにかかることも出来ます。

例えば、

「この歯科医院は過去に違反取引を行っております。
マッチングの際はくれぐれもお気をつけください。」

なんて付こうものなら、
消せない烙印として、
その地域での採用活動の大きな足かせになるでしょう。

それぐらい僕は許さないってことです。

僕らは、
一件あたりのマッチング手数料
2,000〜3,000円程度の薄利を、
気が遠くなるくらいの件数を積み上げていくことで、
収益化を狙っています。

絶賛大赤字を掘りながら
投資家にも死にそうなほど頭を下げてきて、
個人としても数千万の負債を背負って、
仲間にも薄給で頑張ってもらって、

集まる歯科衛生士や院長たちの
期待を背負いながら、

「歯科衛生士の地位向上」

「予防歯科の普及」
を目指して事業を進めています。

歯科業界がより
職場として魅力あふれるものになり、
歯科衛生士が辞めずに済んで
院長も採用に困ることがなくなって、
その地域の患者さんも喜ぶことになれば…
と願って事業を行っています。

その僕らに対して、
背信行為を道義にもとる行為をはたらく、

ユーザーをもし見つけたら、
僕はその人を徹底的に叩きます。

酷い場合はアカウントは削除し
出入り禁止にした挙句、
過去にその医院が違反取引を働いた事実だけを
延々とHANOWA上に残して、
そのページだけを特段のSEO対策を
仕掛けてやってもいいです。

僕らにとって顧客とは、
HANOWAを使ってお金を落としてくれる人ではありません

僕らにとって顧客とは
一緒に、「歯科衛生士の地位向上」「予防歯科の普及」に向かう同志です。

それを阻害する人とは、
どれだけお金を払って頂いてもとことん戦います。

僕ら民間企業に「応召の義務」などは存在しません。
自分たちの顧客は自分たちで選びます。

やるなら、
やられる覚悟を持ってやってくださいね。

では。

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる