天満で働く社長の告白 2021年6月。

天満で働く社長の告白 2021年6月

From:代表のあらい

ご無沙汰しています新井ですm(_ _ )m

5月半ばからやたらと忙しくて、
情報発信お休み期間でした。

特に
起業の科学の田所さんが監修をする
アクセライベント
の成果報告が
なかなか忙しく

(時間を割いた甲斐あって、
 5社中3位入賞という
 微妙な成果を頂きました)

目次

夏にかけてのリニューアル予定について。

今日は雑感回ですので、
読み終わっても何の役にも立ちません

4月末にこういったリリースを出して

さらなる成長資金を確保したのち、
5月はとにかく採用に狂ってました。

おかげさまで、HANOWAをより
パワーアップできるだけの人材を確保でき、
6月が始まって
着々とその準備に入っています。

特に、
・デザイナー
・エンジニア
の方面を強化できたので、
年末年始に一度
大きなリニューアルがありましたが、
いま一度大きなリニューアル(前回より)に
着手しています。

驚くべきことに、
これまでのHANOWAのプロダクトの
監督・監修は、
全部ド素人の僕がやってました

これ、映画で例えると、
監督とプロデューサーを
僕がやってたようなもので、
ご存知かと思いますが、僕にそんな
キャリア的バックグラウンドはありません。

Webの世界も、
ホームページ制作なら
Webディレクターというお仕事の人がいて、
HANOWAのようなwebサービスの場合、
UIUXデザイナー
プロダクトマネジャーなるお仕事の人がいます。

今回、結構強力な
UIUXデザイナー兼プロダクトマネジャー
参画いただくことができました。

良かったですね。
先生たちはやっと、
ド素人が作ったサービスから
卒業できるのです。

(#お前は何様や)

プラットフォームの責任について。

そんな経緯で、
↑サービスのデザインや
プロデュースの観点が手離れしたからか、
僕自身も経営者として、
考えるレイヤーを1段階上げることが
出来てきたように思います。

例えば、
HANOWAの
歯科業界内での責任について。

いつも言ってますが、
うちのサービスは
歯科衛生士法に基づき、
パートナーDHが働いてる時の
監督責任者はあくまで院長先生です。

HANOWAで出会った
パートナーDHが医院で勤務してる時に
起こった一切の責任は、
院長先生に帰属します。

ただ、他所で何度も
問題を起こしていることを知ってて、
そのパートナーDHが繰り返し
何度も他の医院で問題を起こしたら、
それも院長のせいなの?

となると、まぁどうでしょうね。

僕らが
「知っちゃっている」
のなら、やっぱり自分たちで
integrity (誠実、正直、高潔、品位)
をもって
改善に取り組むべきだと思います。

また、
もしその歯科医院が
歯科助手にタービンを握らせていたり、
(国家資格を持たないのに)
スケーリングや調整などをさせていたりして、

それを、
パートナーDH経由で僕らが
「聞いてしまった」なら、
どうするべきでしょう?

それもやっぱり、
しかるべき方法で
厚生局などに通報して、
確認を依頼するべきでしょうね。

プロフィールの透明性について。

サービスのリニューアルと共に、
もうこれは強制力というか
経営者の『決め』の問題というか、

パートナー側の、
訳のわからん
花とか、
飛行機とか、
猫とか、
海岸線とか、

なんかよく分からない
プロフィール写真あるじゃないですか?

あれも撲滅というか、
結構な強制力を持って
顔写真必須にしていこうと思っています。

プライバシーとか
医院に副業がバレたくないとか、
いろいろあると思います。

これまでは、
そこに対して忖度というか
配慮していたため、
今の一覧画面では、
プロフ写真の ある/ない が入り混じってたり、
よく分かんない画像が散乱してます。

ってか、
他のCtoCマッチングのサービスとかで、
ベビーシッターや
英会話講師のマッチングなど、
やっぱり皆さん、
本名や住所はさすがに公開しませんけど、
顔写真はみんな出してますもん。

HANOWAがダメな理由もないですね。

それと共に、
スキルの見える化と
スキルによる検索機能の充実ですね。

どこまで伝わるか分からないのですが、
『検索』
という機能を正しく走らせるためには、
事前に
『正しくデータベースを集める』
必要があります

「北千住駅から30分圏内の、
卒後6年以上でSRPのスキル星4つ以上の人」

と、検索したい場合、

  • 地理情報
  • 経歴
  • スキル

それら全てを
事前に正しく入力してもらう
前提を作っておく必要があります。

更にここに、
『客観的評価と自己申告の解離』
まで発生します。

この人は自分で自分のこと、
SRPレベル4だと思ってるかも知れないけど、
そんなことないよなぁ…。

なんてコメントが
院長先生から出てきたらもう面倒くさくて、
僕らも考えるの放棄したくなってきます…。

これ、
逆に院長先生たちもそうで、

当院は地域に根差して予防歯科に取り組んでいます。

と言うのに、
患者さんの口の中やカルテを見たら
全く歯周病治療できておらず、
ひたすらメンテにお金を払わせ続けている…。

なんてネガティブなご意見を
頂いたりもします。

スキルのデータベース収集、
その客観性の評価・担保は
非常にめんどくさいことが予想されますが、

本当の参入障壁というものは、
めんどくさいことをどれだけ出来るか
だと思います。

なので、グイッと踏み込んで
この6月以降やってかなくちゃなと思う次第です。

本当につらつらでしたが、
2021年6月時点で
僕がどんなことを考えているか、
そんな雑感回でした。

では。

あらい

天満で働く社長の告白 2021年6月

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
目次
閉じる