「HANOWAには優秀な人材が多数登録しています!」

HANOWAには優秀な人材が多数登録しています!

From:代表のあらい

最近、
ミスリーディングなタイトルの
Webコンテンツ多くないですか?

例えば、これとか。

はぁ?

と思って
見に行ってしまってる時点で、
相手の策にハマってるんでしょうね。

ちょっと悔しい思いをして
いつも閉じます。

目次

HANOWAを経営していて、やりたくないこと

いくつかあるんですが、
僕がHANOWAを経営していて
やりたくないと思っていることの一つが、

「HANOWAには
 優秀な人材が多数登録しています!」

みたいなことを謳うことです。

(釣りタイトルすみませんm(_ _ )m)

こんな感じで、
世の中の人材紹介会社さんは
登録している人材の質を平気で
謳っておられるのですが、

いつも思うのが、、、

本当に?そんなわけないでしょ

と思って
訝しがりながら見ています。

先生にも知っておいて欲しいのですが、
人材ビジネスって大きく分けると
3つに大別されます

  1. 広告型
  2. 紹介(エージェント)型
  3. ヘッドハンティング型

通常、人材ビジネスのビジネスモデルは
この3つに分けられます。

1.広告型
2.紹介(エージェント)型

この2つは
何となくイメージつくと思います。

某リ◯ルート系は広告型ですし、
いつもFAXDMが来るのは
紹介型です。

ちなみにHANOWAも紹介型です。

普通、転職市場に優秀な人材は滅多に出てきませんって…

これを言っちゃぁおしまいなんですが、

普通、
転職市場に流れてくる人材は、
何か理由があって転職市場に流れてきます。

想像して欲しいのですが、
本当に本当に本当に優秀な人材がいたら、
先生ならどうしますか?

たとえその人が

  • 結婚しようが
  • 子どもができようが
  • 離婚しようが
  • 鬱になろうが
  • 親の介護が始まろうが

何とかして慰留、
つなぎ止めようとしたり、
条件を上げてでも
戻ってきてもらう為に頑張りませんか?

あるいは、
相手の条件が整うまで
待つことも厭わないケースだって
ありませんか?

もちろん、
引っ越しやご主人の転勤など
物理的に就労が出来なくなったり、
止むに止まれぬ事情から
優秀な人材も転職市場に流れることも、
あるにはあります。

普通、多くの
2.紹介(エージェント)型
は、登録してくる人材に
選別プロセスを設けたり、
スキルごとの階層別評価など
することはありません。

思うんですが、
何を持ってして

「優秀な人材をご紹介します」

と言い切れるんでしょうね。

本当に優秀な人材は表に出てこない

そんな経緯もあって、
2.紹介(エージェント)型
ではアプローチできないところに、
優秀な人材は眠っていることが多いです。

本当に優秀で
経営者が手放したくないから、
何年もその会社で定着しているのです。

そして、
そんな表に出てこない人材を

  • 見つけて
  • 口説いて
  • よりハイレベルな会社を紹介し
  • 高額な手数料をチャージする

これが、
3.ヘッドハンティング型

です。

この人たちは
確かなスキルを見極める目を持っていて、
市場価値や相場も把握しているプロです。

探偵のように、
企業から指定された条件の人材を
独自のノウハウで何とか見つけてきて、
しぶとく粘って交渉して、
クライアント企業に入社させることを
生業とします。

めちゃめちゃ高額ですが、
プロのヘッドハンターは
本当に優秀な人材を連れてくるようですね。

業務の特性上、
数をこなす必要がないので、
本当に優秀なヘッドハンターは
身分を明かしません。

こういう、人材ビジネスの
3種類のビジネスモデルを把握しておくと、
ミスマッチも減るのではないでしょうか。

HANOWA的には、
マッチングする人材が優秀かどうかは、
会ってみていただかないことには
分かりません。

機会こそ提供はしますが、
そこまで言い切れることはやっていません。

ただし、
今後の努力目標として、
登録人材の適正テストや
評価基準を明示したり、
マッチング後のアリガトウのスコアから
適正な時給をサジェストしたり、
そう言ったことは
考えていきたいと思っています。

華美な広告ワードに
引っかからないようにしましょうね。

では

あらい

HANOWAには優秀な人材が多数登録しています!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
目次
閉じる