「地域に密着して予防を心がけています」…本当に?どれぐらい?

From:代表のあらい

HANOWAという、
歯科衛生士のギグワーク
プラットフォームを運営していると
役得だなと思うのですが、

目次

各地の医院の内側の情報が集まる

という特性があります。

通常、人材紹介会社でしたら、
紹介して成約さえさせてしまえば、
送り込んだ後の人材に
フォローすることはあまりありません。

善意としてどうかは別として、
利益構造的に、
アフターフォローは
コストにしかなりませんので。

でも
HANOWAの場合は、
マッチングしたその度ごとに、
医院の裏のクチコミも
その歯科衛生士の裏のクチコミも
仕組みとして集めることができる
ので、
まぁ何というか、
いろんな情報が集まってきます。

セミナーを開いているあの先生が…

実は患者さんの口の中は
あまり綺麗じゃない…

とか、

このジャンルでは
たくさん本も出版してるあの先生も、
実際そこで働いてみると実は…

だったり。。。

WEBサイトに、
とてもとても熱心に予防歯科に対する
熱い気持ちを語っているにも関わらず、
全然歯周病も治療しきれてなかったり。

外部に向かって発信している内容と、
実際の内側の一貫性に、
とても乖離があるケースが案外ある

ようです。

もちろん人の感じ方は十人十色なので、
上がってくる報告すべてを
鵜呑みにするわけじゃありませんが、
それでも

  • 異なる何人かのパートナーDHから同様の報告が上がってきたり
  • あまりに常勤パートが定着してなさ過ぎて、悲壮感漂いながらHANOWAで人を探し続けてる

そんな医院は、
やっぱり発信内容がどれだけ立派だったり
院長が立派なセミナー講師だったとしても、

「何かあるんだなぁ…」

と、思わざるを得ません。

本当に強い人は弱さと向き合える人

僕は思うんですが、
患者さんは騙せても、
目の前で先生の手技や
経営手腕を見ている
スタッフは騙せないと思うんです。

また、失礼ですが、
所詮、
平均年商4,000万円程度の事業体が
6万8000件、
各地に分散しているような業界です。

中小企業で言えば、まだ
組織の体を成して無いような規模ですが、
それでも経営者が1人で
セールス、開発、経理、人事
をやるには無理が出始めるような
中途半端な規模で、
院長先生みんながみんな、
目先のことに必死のパッチで、
毎日が一瞬で過ぎるような日々
だと思います。

開業して
ジロジロとマジマジと、
他の先生がどんなふうに経営しているのか、
自分と距離をあけて
フラットにメタ的に、
他人の経営する様子を見に行くことって、
年にどれくらいありますか?

多分ほぼ無いですよね?

そうやって、
6万8000件の医院が
それぞれガラパゴス的に、
よその良い点を学ぶ機会もなく、
世間の常識・非常識に触れることなく、
20年、30年が平気で過ぎていくのが、
大半の歯科医院経営者の一生
だと思います。

できればそれを自覚した上で、

「ねぇ、ウチって正直どう思う?」

または、

正直、僕って院長としてどう思う?

日本中の院長先生の中で、僕って何位くらいだと思う?

と、
院長先生こそ、
他の医院を知る
目の前のスタッフから、

  • ひたむきに
  • 真摯に
  • 誠実に
  • 学ぶ姿勢を持って

既存の常勤スタッフや
パートスタッフから、
フィードバックを受ける必要がある
と思います。

仮に、よその院長先生達に
指導する立場だったとしても、

自分のところのスタッフは
やっぱり見てますよ。

ウチの先生、
外では偉そうに言ってるけど、
実際はねぇ…。

今更、
プライドがあるからそんなの聞けない…
とかじゃなくて、

人生で一番若くてやり直しが出来るのは、
いつでも「今」「ここ」しか無いはずです。

ぜひ、
自分を変える勇気を持ってください。

では

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
目次
閉じる