MENU

HANOWAはスカウト自由です

2020 2/12
HANOWAはスカウト自由です
のアイコン画像

From:代表のあらい

目次

パートナー歯科衛生士の直接採用について

HANOWAの本登録プロセスへ進んだ先生には、すべてお見せしているのですが、

HANOWAの契約書上では、

直接取引は絶対禁止
(第8条)

と謳っております。

ただ、その書類の別のところで、

ただし、当該人材の予定年収の25%を支払うなら常勤雇用も可能なものとする。
(第3条)

という文言もあります。

つまり、

HANOWAのアイコン画像HANOWA

スカウトしてもいいですよ!
(給料3ヶ月分の手数料はHANOWAに払ってくださいね♡)

ということです。

HANOWAは基本的には
スポットワークを融通する仕組み” ですが、

お互いが自由恋愛の結果、
相思相愛になれば結婚してもいいよ。

という話なので、

「これはとても良心的だ」と、
自分でやってて自分で思っている次第です。

キラキラ粉飾決算した人材の
ボロが出ないうちにねじ込み、
雇用契約を結ばせて、
紹介料を受け取る……

という、
どこかの紹介会社さんと比べると

好きなだけ低リスクで
“体験入社” のような感覚で試していただいた上で

「どうぞ。」

と言うわけですから、
我ながら良いサービスだと思いますよ、
ホントホント。

娘を嫁に出す父親の気持ち?

しかしながら、、

25%貰っても、渡すつもりなんてサラサラねぇ( ゜∀゜)アハハハハハハハ

という本音が存在するのも、事実です。

だって、

  • 自分たちで広告費をかけて集めて
  • 電話で話して
  • プロフィール作成を手伝って
  • カレンダーを書いてもらって

手塩にかけて育ててきたんですから…。

しかも、

「今まで、色んな医院やエージェントで、ひどい目にあってきたんです…」

「それでも歯科衛生士の仕事が大好きで…」

「将来は、若い人がもっと歯科衛生士に憧れるような職業にしたい。」

「HANOWAで初めてレビューもらって嬉しいです…!」

とか、とか、とか、、、

色んな話を聞いていると、

新井のアイコン画像新井

そりゃあ、情が移りますよ…(涙)

あとは、
私たちが本当にやろうとしている ——

27万人存在する歯科衛生士のうちの
「失われた14万人」を(ある程度まで)復活させる施策として、

この仕組みは必ずうまくいく
と本気で思っています。

これからの社会のあり方として、

  • 常勤でもなく、パートでもない
  • 自分のライフスタイルに合わせた
  • 働き方を自分で選ぶ

というものは
間違いなくヒットすると思っているので、

結構本気で、

「わざわざ常勤にならなくて良いのに…」
「社会保険ねぇ…どうなるか分からんのに…」

と思っています。

注)誤解なきようにm(_ _ )m
オペレーションを回す上でも、従来の常勤歯科衛生士もパート歯科衛生士も、必ず必要です。固定費と変動費をうまく活用することで、より経営的に最適化していくものと思います。

最後はオスとオスとの戦い

そもそもの話ですが、

スタッフが定着しない院長は、
まず初めに(求人広告や紹介会社に電話するよりも前に)、

今、院内の目の前にいる
既存の歯科衛生士に、

ねぇ、君の学校の同期の歯科衛生士をウチに紹介してくれない?

と聞いてほしいんですよね。

その時、

その歯科衛生士が気まずそうだったり、
言葉に詰まるようなら……

人材産業の餌食になることは、
その時点で目に見えてるわけです。

『定着させられない社長』ほど
人材産業にとって “おいしい” 顧客はいないですから。

そういうわけでHANOWAは、
ルールを守っていただけるならスカウトは自由です。

最後の最後は、

HANOWAにいた方が私は幸せになれる

と思ってもらえるのか?

HANOWA登録クリニックの、○○歯科医院で常勤勤務した方が私は幸せになれる

と思ってもらえるのか?

まるで猿山のボス猿を決める戦いで、
メスから選ばれるために
オスとしての全てをかけて、
男をかけて全力で戦う。

ただそれだけのことだと思います。

HANOWAが描く未来図

私たちは、
登録している歯科衛生士たちに

「HANOWAにいた方が幸せになれる!」

と全力で思ってもらうべく
様々なサポートをしています。

それは特別なことではなく、
彼女たちの自己実現を叶えるために
あらゆるケアを全力でするだけですし、

彼女たちが
各地の登録医院でイキイキと働き、
その医院も潤い、
地域の患者さんも幸せにすべく
持てる力の限りを尽くす

ただそれだけのことです。

変な規約やルールを作って
歯科衛生士を囲うようなマネはしませんので、
正々堂々とスカウトしてください ^^

では

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる