HANOWAのデメリット「長期の予定を組めない」

HANOWAのデメリット「長期の予定を組めない」

From:代表のあらい

目次

HANOWAチャンネル第38話

HANOWAのメリット・デメリット

お聞き頂けましたか?

院長先生向けに
インタビューを続けている
わだやんが、
よく聞くメリットベスト3と、
よく聞くデメリットベスト3
語っています。

HANOWAビギナーの先生は、
使い始めのイメージが
とても湧きやすいのではないかと
思いますので、
ぜひご視聴ください。

この中で一つ
デメリットとして挙がったのが…

「長期の予定を組みづらい」

というのが、
ワースト3として挙がりました。

例えば、
4月1日にメンテを担当してくれた
パートナーDHのAさんが、
次同じ患者さんが来る7月1日に、
再び入ってくれるかどうか?

この時点ではまだ分からない。

当然ありますよね。。。

他にも、
教育コストをかけても、
数回働いたらいなくなるかも知れない。

常勤契約などと違って、
先の見通しを立てづらい。

確かにあると思います。

ここからはポジショントークも
もちろんありますが、
僕自身が自分の会社経営でも、
意識して心がけていることを
開示しながら話してみたいと思います。

契約や罰則で縛らないと働いて貰えない時点でリーダーとしてイケてない

何らかの”縛り”を設けないと
働いて貰えない時点で、
経営者としてダサくないですか?

昔、採用コンサルの相談を受けた先生で、

ボーナスを支給した直後に辞めるケースが多いから、
ボーナスを受け取ったら半年間は辞められないように
就労規則を変えたい。どう思いますか?

と相談されたことがありました。

法律的にできる出来ないは置いといて、

この医院でずっと働き続けたい!

と、思って貰えてない時点で、
この先生の負けですよね。

キャバクラでしかチヤホヤして貰えないのと同じ。

キャバクラでおねーさんに
チヤホヤして貰って、
「自分はモテる」

と錯覚するのと同じくらい
なんかズレてる議論
じゃないですかね?

いや、
そりゃチヤホヤするでしょw
お金貰えるんだし。

彼女たちをエンゲージ出来てるのは、
あなたの素のままの”魅力”ではなく、
あなたの”お金”ですよ。と。

そのスタッフが
あなたの医院で働いてるのは、
あなたの医療人としての
”ほとばしる魅力”ではなく、
“契約による縛り”があるからですよ。と。

例えばHANOWAの場合、

歯科業界を対象にした事業ですが、
HANOWAで働いてくれる人たちは、

「ベンチャー企業で働く」

に興味がある層です。

エンジニア職や
カスタマーサクセス職や、
人事、広報、
様々なジャンルの職種の中でも、

特に

「今はまだ小さいけれど、次の大企業になる可能性を持った会社で働きたい」

そんな意欲を持った人材を魅了して、
巻き込んで、
今現在の安定を投げ打って、
こっちの船に引っ張り込む力が
経営者には必要になります。

なので、忙しくても、

こーいう、

グロービス経営大学院が主催する、
スタートアップ企業向けの
アクセラプログラムに、
何百社の応募の中から選ばれる努力をしたり、

他にも
一般社団法人日本スタートアップ支援協会
の主催するイベントに登壇して話したり

ベストセラー「起業の科学」の
著者・田所さんの主催する
アクセラプログラムに、
これまた高い倍率の中
選ばれる努力をしたり、、、。

こんないわゆる
キラキラベンチャー界隈で目立ったところで、
院長先生や、歯科衛生士が受け取る価値には、
短期的には反映されませんが、
とにかく出るところに出て、
目立って、

「なんかよく見かける」
「伸びそう」
「可能性ありそう」

と、
この界隈で立身出世のチャンスを探してる
優秀なエンジニアや人材に、
魅力的に思って貰えないことには、

長期のHANOWAの
バリューアップに繋がりません。

常勤でもパートでも、HANOWAでも

2ヶ月後、
3ヶ月後も、
この医院で
この先生の力になりたい!

ここで働きたい!

と、思ってもらえるかどうかは、
雇用形態よりも、
その経営者の努力によるところが
大きいと思います。

人が定着しない、
先の予定が組みづらい

それらの原因を
雇用形態に帰属するのは、
本質的な解決策を

見誤らせるのではないか
と思い、

思い切って
指摘させて頂きました。

僕も頑張るので、
先生も頑張りましょう。

では。

あらい

HANOWAのデメリット「長期の予定を組めない」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
目次
閉じる