「就職お祝い金」が廃止されます

「就職お祝い金」が廃止されます

From:代表のあらい

目次

遅くないですか?

って感じなのですが…。

こうなりました。

僕が知りうる限りですが、
多分はじめにこの

「就職・転職お祝い金制度」
なるものを開始したのって、当時、
史上最年少でマザーズ上場を果たした、
リ◯センスさんだったかなと記憶しています。

そうは言ってもおそらく2010年前後かな。
(もっと前からありましたっけ?)

マーケティングのダメなパターンとして

新規集客にはお金をかけるけど、
リピーターや
ライフタイムバリュー
(生涯顧客価値)を伸ばすために
ほとんど投資をしないことがあります。

リピーターに買ってもらうのは、
新規客に買ってもらうのに比べて
1/6とか1/10の労力で済む。
なんて話は聞いたことありませんか?

こういった、
新規を獲得するために
お金と労力をかけるけど、
リピーターの為には驚くほど手を抜く
経営者が割と多いのですが、
これじゃいつまで経っても
バケツの穴が塞がりませんよね…。

だいたい、
「この医院に就職したら
 祝金5万円差し上げます!」
って書かれた求人広告を、
既存の常勤やパートのスタッフたちが
見たらどう思うのでしょう?

普段から手厚くしてるならまだしも、
大事にされてないのに、
新しく入る人にお金をばら撒いてる…
と思われては、

ウチの職場って、
お金で釣っても誰も来ないじゃん…。

ってか、まずは目の前にいる人を
大事にしないから、
誰も定着しないんだよ…。

と、虚しい気持ちにさせて、
心が離れる速度を加速させませんかね。

次は、、、

上記チラシの下部にある、
「遵守事項」に、

自らの紹介により就職した者(無期雇用契約に限ります。)に対して、就職した日から2年間は、転職の勧奨を 行ってはいけません。

「就職お祝い金」などの名目で求職者に金銭等を提供して求職の申し込みの勧奨を行うことを禁止しました

ここが、
あと何年後かには禁止事項になるのでしょう。
今すぐやればいいと思うのですが、
証拠を確保する為の手段が
まだ無いのでしょうかね。

本当に悪質なケースで、
「返礼制度」
を6ヶ月で設けておいて、

6ヶ月と1日が経ったら、
紹介した人材が
ピッタリ退職するケース
です。

予め人材紹介会社が、
紹介した人材に

グヘヘ…
6ヶ月だけ続けてくれたら
またその時にもお礼金をあげるよ…
ウヒャヒャ…

なんて言ってるんでしょうね。

これ、都市伝説じゃありませんよ?
実害報告を聞いています。

人材紹介って、
紹介した人を1年後に引き抜いて
また別のところへ紹介、
またその1年後に引き抜いて
別のところへ紹介…

こうやっていけば
何度でも手数料をハネることが出来ます。

どれだけ倫理観の優れた
経営者が率いていても、
企業としてのKPIを追求すれば、
営業部門はそういった行動に出るのを、
自制するのはなかなか簡単ではありません。

勤続祝い金

僕は勤続祝金の方が好きです。
多分僕だけじゃないですよねw

長く貢献してくれた人ほど
大事にして欲しいものです。

そこいくと、
HANOWAでの働き方って
人材の定着」とは程遠いように
思われがちですが、

サービスリリースして1年が過ぎると、
HANOWAを使った「定着」という
新しい形も見えてきています。

選ばれる魅力を持った医院であれば、
常勤でも、
パートでも、
HANOWAでも、
働き手が自分の意思で
働くことに対して、

(雇用形態ってのはぶっちゃけ
 どうでも良かったんだな)
と思います。

結局、
「定着しないからHANOWAを使う人」
は、
「HANOWAを使っても定着しない人」
なんですよね。

なんの話か分からなくなりましたが、
「就職祝い金」とか春以降も実施している
紹介会社がいましたら、
法令違反なので告発してあげましょうね。

では

あらい

「就職お祝い金」が廃止されます

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
目次
閉じる