成果が出ないのは、試行回数が少ないだけなのかもという話。

成果が出ないのは、試行回数が少ないだけなのかもという話

From:代表のあらい

目次

自費カウンセリングやマネジメントで

何かしら
「こちらが期待する結果」があって、
思うようにそれが手に入らない時、
ただ単純に
トライする回数が少ないだけなことって
多いなと最近思うことがあります。

ここ最近一番当たったHANOWAの施策

経営情報でもあるのですが、
先生の医院経営にも
活きるところがあると思うので
開示します。

今のHANOWAは、
このトップ画面の

「投稿」へ
募集情報や勤務希望情報を
自由に更新することができます。

この機能ができた頃は、
ただ単純にアップすれば、
誰かがログインしたときに
見ることができました。

先日行った改善で、

『半径15km圏内のユーザーに通知メールを送る』

仕様にしたんです。

パートナーDHが勤務希望をアップすれば
半径15km圏内の院長先生にメールが届き、

院長が募集情報をアップすれば
半径15km圏内のパートナーDHにメールが届く。

すると、どんどんマッチングするようになった。

ここから得られた教訓ですが、

今までメール通知は、
メッセージのやりとりをする
意志を持った人同士が連絡し合うとき

にしか届きませんでした。

でも、
この半径15km圏内通知は

これから
メッセージのやりとりをしそうな人同士に、
きっかけのメールを届ける
ことになりました。

僕らにとって
手に入れたい『結果』
より多くのマッチングなので、
そのマッチングの種である
原因を作ったわけですね。

結果を追うのではなく、
結果が出るための、原因を作る。

その原因も
一回や二回だけじゃなくて、
何度も何度も作る。
愚直に何度もトライする。

同じエリア内の最新情報は、
メールで送れば送るほど
マッチングに繋がるんだと思います。

これ、
極めて経営者側の話ですが、
この結果を見たとき僕は

楽◯は正しかったのか…。

と、あれだけメルマガ送るのは、
やっぱり理由があるんだなと思いました。

先生も、
何か患者さんやスタッフに対して
求める結果があるとき、
1度や2度伝えただけで終わっていませんか?

何か新しいノウハウを身につけるより、
その単純な行動の
回数を増やすだけで、
手に入る成果もあるかも知れませんね。

では

あらい

追伸:

ただし、
もちろん、
どんなタイプのメール通知を
希望するのかは
ユーザーそれぞれですので、
今から大急ぎで、

・半径10km圏内まで
・半径5km圏内まで
・半径30km圏内まで
・この種の通知を希望しない

など、
ユーザーに選んで頂けるように
改善しますm(_ _ )m

スパムサービスには
なりたくありませんm(_ _ )m

成果が出ないのは、試行回数が少ないだけなのかもという話

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
目次
閉じる