微妙なメッセージのニュアンスで損をする人たち

微妙なメッセージのニュアンスで損をする人たち

From:代表のあらい

はじめに断っておきますが、
微妙なメッセージの送り方で
損をする先生が悪いのではなく、
そういったエラーが起きやすい
『システム』の問題だと思っています。

ので、今後は
今のように院長先生方から
オファーメッセージを送って、
パートナーDHさんから返信が来て…
みたいなマッチングの在り方も、
根本的に変えていきたいところだと思い
反省していますm(_ _ )m

その上で、
そうは言っても、
送り方ひとつで損しちゃってる
人がいるのは事実だと思うので、
特徴をまとめたいと思います。

目次

第3位:事前に長文メッセージで定形質問して相手に答えさせる先生

すみません
めんどくさいですm(_ _ )m

概念としてまず、
歯科衛生士の求人倍率20倍
(これはいわゆる新卒倍率)
ということは、
20件の医院が1人の歯科衛生士を奪い合う、
血で血を洗う戦争です。

めんどくさいメッセージが来ても、
返事をする義務もなければ
よその19院に行く自由が、
歯科衛生士にはあります。

あと、
そもそもHANOWAのような、
マーケットプレイス型
マッチングプラットフォーム
といったサービスで
ユーザー同士でやりとりが出来るものは、
総じてメッセージの返信率は
どれだけ頑張っても
50%もいかないようです。

出会い系アプリの

ペアーズとか
Tinderとか
Omiaiとか、
一回やってみてください。

ある意味初めは、
✔︎ まずはライトに
✔︎ 後腐れなく
✔︎ 気軽に
思ってもらえるかどうか?が勝負です。

第2位:初っぱなから長期勤務を迫る

これも痛いやつですね。。。

「相手目線に立つ」
ってホント、
僕もついつい忘れがちに
なってしまうのですが…。

例えば
人がいなくて困ってて、
土曜日ずっと働いて欲しいのは

先生の都合であって、
会ったことのないスマホの向こうの
パートナーDHからすりゃ
ぶっちゃけどうでもいい
んですよね。

歯科衛生士にとって
他に選択肢はいくらでもありますから。

それをまだ会う前の段階で、

◯月◯日と◯日と◯日と◯日
と◯日と◯日と◯日
と◯日と◯日と◯日
来れますか?

みたいに先々抑えられようものなら、
この時点でヤバイオーラぷんぷん
させちゃってます。

イマドキのスマホ世代は、
メッセージのテキストだけでも
相手のコミュニケーション能力は
推して計れます。

しかも、
会ったことないのに
ここまで日程決めちゃうって、
要は

「私じゃなくても誰だっていいのね?」

って感じで、
相手に自己重要感を持たせることも
できません。
かなり痛い悪手です。

第1位:やたら上から目線

痛い通り越してヤバイです。

まぁこれは
僕の持論混じりになりますが、
歯科衛生士と歯科医師の間には
指示命令系統の上下はあるでしょうが、

雇用者と労働者の間は、
対等な取引関係
です。

しかも権威がどうとか
沽券(コケン)に関わるとか、
イマドキ言う人は
そうそういないかも知れませんが、
これだけの人材難の時代、
本来は優秀な人材のもとに
経営者が頭を下げに行って
力を貸して貰うものです。

春秋戦国時代の中国も、
三国志の時代の劉備の三顧の礼も、
武将や、国王はじめ
リーダー自身がこぞって
各地の人材に頭を下げに行って、
引き立てた国が生き延びたのです。

それを、
初回メッセージで挨拶もそこそこに

何ができるの?

とか、

卒業年にしては時給高いね。

とか、
文句があるならそもそも
接触する必要がありません。

なんと言うか、
動けば動くほど、
自分の医院の悪評を
院長自身が撒き散らすような振る舞いは
辞めた方がいいと思います。

もちろん、礼を尽くしても
相手のドタキャンや、
不義理を食らうこともあるでしょう。

だからと言って、
「優しくしてくれなきゃ優しくしない」
みたいな小さいこと言ってて
リーダーが務まりますか?

先に自分から与えて、
返ってくるかどうかは相手に委ねる
ぐらいの心のゆとりを持ちましょう。

ちょっとユーザーに対して、
めんどくさいとか
痛いとか
ヤバイとか散々言いました。
失礼しましたm(_ _ )m

具体的に
これらを回避するTipsを
次回書きたいと思いますm(_ _ )m

では

あらい

追伸:
こーいうのを見てると、
事前メッセージのやりとりは
相当面倒だと思うので、

一回有無を言わせず
とにかく働いてみて、
その後「おかわり」を
お互い希望し続けるかどうか?

ぐらいの
プラットフォームにした方が、
竹を割ったようにシンプルな
気がしてます…。

微妙なメッセージのニュアンスで損をする人たち

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
目次
閉じる