歯科医院の有給休暇をHANOWAで取得

のアイコン画像

From:代表のあらい

ご存知の通り、
2019年4月から
年5日の年次有給休暇の取得が
義務付けられました。

目次

祝祭日の日数が世界1位

日本なのに、

労働者が自分から
「休んでも良いですか?」
と言いにくいのは、
何ともまぁ国民性を表してますよね。

先生の医院では、
有給休暇を取らせる・取ってもらうために
どんな働きかけをされていますか?

10日以上の有給を持つ労働者に対して、使用者は5日以上の年次有給休暇を取得させる義務

引用:https://www.mhlw.go.jp/content/000463186.pdf

とのことですが、
違反すれば30万円の罰金ということです。

実際どの程度の頻度や本気度で
労基が取り締まりに来るのか、
肌感覚として実感はないかも知れませんが、

まぁまず、
違反発覚で罰金が発生でもすれば
間違いないのは・・・

秒速で地域の歯科衛生士じゅうに噂が広まるでしょう笑

SNSやLINEの時代なので、
発生と同時に専門学校の
同期のネットワークを通じて
エリア内に拡散され、
その後どれだけ求人広告にお金をかけても

「あの医院は有給取れなくて労基が来たんだってさマジ卍www」

と、
ヒソヒソと地域で代々
語り継がれるんでしょうね…。

そんなことにならないように、
HANOWAで地域の歯科衛生士の
何名かと繋がっておいて、

スタッフからの

先生、この日に有給取っても良いですか?

に備えておいて欲しいものです。

あるいは、
率先してスタッフに対して

みんなの有給取得率を高めるために、
HANOWAというサービスを使っていこうと思う。

そんな風に
宣言してみて欲しいものです。

あ、そうそう、
どうやらスタッフに
HANOWAの存在を知られたくない院長

というのもいらっしゃる様です。

存在が知られることで、

「うちのスタッフが複業でもしだしたらどうしよう…」
「他の職場の存在を知ってしまい、辞めてしまったらどうしよう…」

みたいに、
バレない様に囲おう囲おうとする
セコい院長もいる様です。

だいぶバカですよね。

その発想の時点で
かなりオスとして負けてるし、

このネット全盛の時代に
院長が隠したところで伝わらないワケが無いし、
それだったら逆に男らしく気持ちよく、

「みんながもっと有給を取りやすくなるように」

と、
いかにも「みんなのためを想って…」の
アピール材料に使えば良いのに。

そんなこんなで、

  • 実際にはどんなスタッフが対象になるのか?
  • パートタイムにも適応されるのか?

とかとか、いろんな疑問点は
各地の社労士さんたちが解説してるので、
ググれば出てくるかと思います。

僕からは、
ぜひ今からHANOWAを使って、
既存スタッフが休みやすくなるような
仕組みづくりに取り組み始めることを
オススメします。

導入に際して分からないことがあれば
いつでもLINEでご質問ください。

では

あらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
目次
閉じる